ここから本文です

40ドル未満で楽しめる最高のナチュラルワイン10選

6/20(火) 20:40配信

エスクァイア

 ナチュラルワイン(≒ビオワイン/厳格な基準をクリアして初めて名乗れる「オーガニックワイン」と異なって、法的な規制はない)は、形式にとらわれない製法で作られたワインで、古代ローマ皇帝もお気に入りだったそうです。
 
 一般的なワインよりも独創的で新鮮、素朴なのが特徴で、生産過程では実質的に何も添加せず、何も取り除きません。豊かなテロワール(生育地の地理、地勢、気候による特徴)が育むナチュラルワインが目指すのは、大量生産とはかけ離れたレベルのワインです。 
 
 ここではフランス、スペイン、オーストリア、ジョージア、オーストラリア、イタリア、アメリカ産の、試してみるべきナチュラルワイン10種類をご紹介します。値段は1つを除いて、すべて1本40ドル未満。さあ、今こそ新しい味覚に挑戦すべき時です。

ナチュラルワインの最高の産地と特徴について学ぼう! 40ドル未満で楽しめる最高のナチュラルワイン10選

2015 PIERRE COTTON AOP BROUILLY

産地:フランス・ボジョレー
13.5% 
33ドル

この1本は、バンパイアのご馳走と言えるでしょう。野性的で赤身肉のような色のこのワインからは、鮮血の匂いがします。ワインと一緒にウサギ肉や鹿肉が食べたくなります。

2014 LES CHAMPS LIBRES LARD, DES CHOIX ROUGE

産地:フランス・アルデシュ
12.5%
23ドル 
 
フルーティで口当たりの良いこの赤ワインの名称は、フランス語の言葉遊びから生まれました。「選りすぐりの芸術」を意味するフランス語に「L'art des choi(ラール・デ・ショワ)」がありますが、この「L'art」を「脂身」を意味する「lard(ラール)」に置き変えて、このワインが豚肉料理に合うことを表現しています。

2015 VIGNEAU-CHEVREAU SILEX

産地:フランス・ヴーヴレ
12.5%
19ドル 
 
鼻に抜ける柑橘系の独特の香りが特徴。ミネラルが豊富で、シャープな酸味のワインです。

2014 PARTIDA CREUS SM

産地:スペイン・カタルーニャ
11%
30ドル 
 
30年前、黒ブドウ品種の「スモイ」は絶滅の危機にありました。そこにイタリアのピエモンテから移住してきたマッシモ・マルキオーリやアントネラ・ジェローナら、少数の生産者が指導者となって、カタルーニャ地方原産の繊細な味の葡萄を生産するようになったのです。

1/2ページ

最終更新:6/20(火) 20:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます