ここから本文です

田中哲司の不倫報道で仲間由紀恵の妊活事情が探られる悲しさ

6/20(火) 0:00配信

女性自身

「仲間由紀恵も被害者に!」

美人の象徴として語られる女性の不倫被害に「ああ、こんな人もされるんだ……」と不倫の深い闇を感じた人もいたことでしょう。

女優の仲間由紀恵さん(37)の夫である田中哲司さん(51)がゴールデンウィークまっただ中の深夜、妻不在時を利用して不倫関係にあった女性の自宅へと向かう姿が報じられました。

好感度も高かった2人ですが、田中さんはこれにより今流行りの“ゲス夫”の称号を手に入れてしまいました。不倫報道からほどなくして、田中さんは謝罪文を発表。仲間さんは沈黙を続けていますが、同時に数多くリークされているのが彼女の“妊活事情”です。

「昨年の春から妊活がうまくいっていなかった」など、恐ろしいほどあらわになる仲間由紀恵の妊活事情。そこには、ゲス不倫を盛り上げたいという発信者側の意図が隠れているように思います。と同時にこれまでスキャンダルと無縁、ほとんど演技以外で感情や私生活をあらわにしない“完璧なオンナ”に対する野暮な勘ぐりも含まれているのかもしれません。

仲間さんに非は全くないわけですが、「妊活がうまくいっていない」などと“妊活の遅れ”を指摘されることは夫の不倫以上に耐え難い辛さがあるのではと心配になります。またそうした論調が大々的に報じられるなか、「妊活中の夫婦関係の難しさ」についてどこも触れないのが悲しくもあります。

妊活中はロマンスが義務になり、ラブラブな愛情より信頼と協力が必要。信じているはずなのに、足並みがどんどんズレていくものです。夫婦事情がどうだったか本人たちの口から語られることはないでしょうが、今回の件を通じてもう少しだけ妊活の難しさが周知されることを願うばかりです。

そしてもう1つ、世間の皆さんに知っていただきたいことがあります。というか、田中さんに肝に銘じていただきたいことがある。それは「そんな長身が、帽子とマスクで変装したら、逆に変だわ!」ということです。

彼は不倫女性宅へ向かう際、帽子とマスクで変装して向かっていました。それで個性的な髪形は隠れますが、182cmの大男が深夜にマスク&帽子って逆に怪しい!ちなみにスクープ時の写真を見るに、ジャージにトレパン。ここにツバ付き帽子に大きなマスクって、完全なる犯罪者スタイルです。刑事ドラマに山ほど出演されているはずの本人は、その不自然さを考えなかったのか。間抜けなのか、田中哲司よ!

おしゃれな大人カップルとしてのイメージがあった2人。田中さんはゲス夫という称号と同時に、「実は私服ダサい俳優」の称号も手に入れちゃったかもしれません。

浮気被害に妊活事情、夫の私服のダサさ。40歳も手前になったいいオンナが、なぜこんな地味なダメージばかり受けなくてはいけないのか……。今まで完璧なオンナだったからこそ小さなほころびが目立つのでしょうが、ここがオンナの正念場。「全部まるっとお見通しだ!」と夫叱咤し、仲間さんにはさらに強い“完璧な母”になってもらいたいものです。

(文・イラスト:おおしまりえ)

最終更新:6/20(火) 0:00
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2782号・7月11日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

ベンガル 妻が認めた朝加真由美との不倫
大地真央 夫が認めた結婚10年目の別居生活
松居一代 船越英一郎が怯えたGPS24時間監視