ここから本文です

人気グルメも人力車も、浅草を“丸ごと半額”で楽しむ一冊

6/20(火) 10:50配信

旅行読売

 浅草観光でおすすめなのが、地域密着体験型スペシャルクーポンブック「プレミアムパスポート~浅草へ行こうよ~第8号」(5月26日、編集・発行 株式会社読売IS)だ。
 同誌は、「浅草を半額で楽しむ」「厳選86店舗掲載」「総額35万円以上お得になる」がキーワード。クーポンの有効期間中(発行日から3か月間)、本誌を提示すると、掲載店舗の商品・サービスが半額になる。1冊980円だから、数回利用すれば元が取れ、中には1回で元が取れる商品もある。台東区・墨田区の主要書店、コンビニエンスストア、アマゾンで購入できる。
 既存のクーポンブックと違うのは、グルメや買い物だけでなく「楽しむ」「美容健康」「学ぶ」まで幅広いジャンルを網羅している点。
 特に今号では「楽しむ」ページがパワーアップ。「人力車遊覧体験」や「とんぼ玉製作体験」など、浅草ならではのプレミアム体験を初めて掲載している。
 「大規模小売店などの進出で、地域の人たちに親しまれてきた歴史ある商店街が苦境に立っています。広告を出したくても費用がない――そうした店主さんの悩みを解消するのが本誌です。掲載料は取らず、商店街、購読者、そして弊社、3者すべてが得をするというのが我々が目指すビジネスモデルです」と仲川雄三編集長は語る。
 同社の本業は、新聞折込広告を中心とした広告事業。地域の事情に精通している強みを活かし、情報を集めている。この点も他社のクーポンブックとの差別化を生んでいる。
 6月30日には「人形町エリア第2号」が発売される。「将来的には、当社がある東日本の各地でクーポンブックを発行し、地域経済の活性化に寄与できれば」と仲川編集長は話している。

最終更新:6/20(火) 10:50
旅行読売

記事提供社からのご案内(外部サイト)

旅行読売11月号

旅行読売出版社

2017年11月号
9月28日発売

540円


第1特集 紅葉を見ながら 古道・街道をゆく
第2特集 酒蔵・ワイナリーへの旅