ここから本文です

ちょっとまて!男性の半数は「ウエスト50cm台の女性が理想」ですって!?

6/20(火) 12:02配信

Suits-woman.jp

夏本番を前に、「今年の夏は海に行きたい!」と考えている女子も多いかもしれません。でも海で水着になるのは、それなりに覚悟がいるもの。プロポーションに自信がある人なら問題はないかもしれませんが、多くの人は何かしらのコンプレックスを抱えていると思います。

がーん!男性の85%は「ぽっちゃり水着女子」お断り!?

品川美容外科では、20代から50代の男性330人を対象に「どんな女性と海に行きたいか」という、女性にとっては気になる意識調査を実施しています。まずは「どんな体型の女性と海に行きたいですか?」という質問をしたところ、以下のような結果になりました。

ほとんどが「メリハリのある身体」「スレンダー」で占められている結果で、「ぽっちゃり」「太め」と答えた人は合計15.1%。よく男性は「ガリガリ体型よりぽっちゃり体型の女性のほうが安心する」という人が多いといいますが、やはり「海」という水着前提の場所となると、話は違ってくるようです。確かに女性的にもぽっちゃり体型の水着姿より、メリハリのある身体やスレンダー体型のほうが、美しいのは認めるところ。海で水着になるからには、それなりの体型を維持したいところです。

男性が一番気にする女性の脂肪は「おなか」。むしろここさえ何とかできればOK!?

さらに同調査では男性ユーザーに対して「海に行ったとき、女性の脂肪が気になったパーツ」という、ぽっちゃり女性の傷に塩を塗るような質問も!その答えは以下となっています。



1位 おなか……50.6%

2位 腰回り……15.5%

3位 お尻……13.4%

4位 脚……11.0%

5位 二の腕……7.5%



圧倒的多数で1位となったのは「おなか」。なぜここまで男性は、女性のおなか周りの脂肪に厳しいのでしょうか? 

実は品川スキンクリニックの池袋院・神林由香院長によると「男性はメリハリのある体型を好む傾向にあり、理想サイズ以上でもくびれが出来ていれば細くみえる」と言います。つまり男性にとっていいプロポーションとは「メリハリのある身体」。それを形成するのが“くびれ”であり、くびれの大敵であるおなか周りの脂肪は、男性にとって「いいプロポーションを阻害するもの」の象徴なのでしょう。

とはいえ、おなか周りの脂肪さえなければ、二の腕や脚などの脂肪はあまり気にしない人が多いともえます。男性目線でいえば、おなかだけなんとかすればいのです。

1/2ページ

最終更新:6/20(火) 12:02
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。