ここから本文です

【スター・トレック】最新作への期待と歴史の振り返り

6/20(火) 12:20配信

WIRED.jp

「スター・トレック」最新作となるNetflixシリーズ「スタートレック:ディスカバリー」が、2017年秋よりスタートする。『WIRED』US版のスタッフで大のスター・トレックファンのアダム・ロジャーズが、シリーズの歴史を振り返りつつ新作への期待を綴る。

【動画をみる】待望の新作「スタートレック:ディスカバリー」の予告編

1967年から始まった「スター・トレック」シリーズが2005年までにテレビ放映された時間は、実写版が684時間、アニメシリーズが22時間30分だ。コマーシャルの時間を考慮すると、スター・トレックはテレビで521時間放映されたことになる。

シリーズの映画作品、つまり1979年公開の『スター・トレック』から、2016年公開の『スター・トレック BEYOND』までの13本を加えると、すべてを観るのに丸48日以上かかる。書籍やコミックを抜きにしてだ。

もちろん、スター・トレックの世界では、もっと長い時間が経っている。過去を描く「スタートレック:エンタープライズ」は、時代設定がだいたい2151年から始まっており、同じタイムラインに設定された映画『ネメシス/S.T.X』は2379年ころ。「新スタートレック」は2395年を描いている。「スタートレック:ヴォイジャー」は、あるエピソードでビッグバンの時代にまで戻る。つまり、スタートレックは140億年分の歴史を扱っていることになる。

さらに、元のタイムラインから派生した別の時間軸を舞台とした3本のリブート作もある(『スター・トレック』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』『スター・トレック BEYOND』)。加えて、テレビシリーズには、善と悪が入れ替わる「ミラー・ユニヴァース(鏡像世界)」も登場した。何が言いたいかというと、スター・トレックには3つの宇宙があり、非常にたくさんの作品があるということだ。

どの作品よりも期待したい

2017年5月、待望の新作「スタートレック:ディスカバリー」の予告編が公開された。

筆者は熱心なスター・トレックファンなので、新作への懸念の声はすでに耳にしている(「なぜ公開を急がせたのか?」「ショーランナー(現場責任者)を務めていたブライアン・フラーはなぜ降板したのか?」「タイトルカードに使われているあのひどい書体は何だ?」)。だが、いつでも希望を失わないスター・トレックという作品と同様に、筆者も希望をもっている。

それどころか、わたしのお気に入りである『スタートレックIV 故郷への長い道』以来、どの作品よりも期待している。新作に登場するチームがいいからだ。

「スタートレック:ディスカバリー」は、ミシェル・ヨー演じる有能な艦長よりも、ソネクア・マーティン=グリーン演じる未熟な女性少佐にスポットライトを当てている。本シリーズに、下あごが突き出た異性愛者の白人男性はいない。チームメンバーは、多種多様な生物がいる銀河系世界(および、スター・トレックの生みの親であるジーン・ロッデンベリーのヴィジョン)をかつてないほど正確に反映しているのだ。

1/2ページ

最終更新:6/20(火) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。