ここから本文です

都議選2017:台東区 予想される顔ぶれと過去の選挙結果

6/20(火) 21:30配信

政治山

 6月23日告示、7月2日投開票の東京都議会議員選挙。台東区では定数2に対して、自民現職の和泉浩司氏(60歳、男性)、民進を離れ都ファから推薦をうける無所属現職の中山寛進氏(45歳、男性)、共産新人の小柳茂氏(44歳、男性)、都ファ新人の保坂真宏氏(43歳、男性)の4人が立候補を予定しています。

 前回(2013年)同選挙区では定数2に対して4人が立候補し、自民現職の服部征夫氏(70歳、男性)が30,220票、民主新人の中山寛進氏(41歳・男性)が14,603票を獲得して当選、投票率は42.52%でした。また、前々回(2009年)は定数2に対して3人が立候補し、民主現職の中村明彦氏(62歳・男性)が32,207票、の服部征夫氏(66歳・男性)が28,879票を獲得して当選、投票率は51.38%でした(党派と年齢は選挙時)。

 台東区の6月1日現在の選挙人名簿登録者数は16万230人(男8万2,351人、女7万7,879人)】です。

最終更新:6/20(火) 21:30
政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社VOTE FOR

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。