ここから本文です

120平米の一軒家を「セルフリノベ」で再生する建築男子たち

6/20(火) 20:10配信

ライフハッカー[日本版]

学習院大学をはじめ、多くの教育施設が集まる文教地区として知られる目白。山の手線で池袋まで1駅の都市部とは思えない、緑豊かな住宅地が広がるエリアだ。

【画像】120平米の一軒家を「セルフリノベ」で再生する建築男子たち

そんな目白駅から徒歩5分ほど、静かな住宅地の奥まった一角に、建築関係の仕事をする磯圭一さんが、友人4人とセルフリノベーションしながら暮らすシェアハウスがある。

以前ROOMIEで紹介した三茶ハウスの分家ということで、どのような空間になっているのかワクワクしながら伺った。

名前:磯圭一さん 今泉宏優さん 加藤雄一朗さん 藤原直矢さん 眞鍋匠さん(インタビュー時不在)

職業:建築・不動産関係

場所:東京都豊島区

面積:約120平米  5LDK(リノベーション後)

家賃:14万円 築年数:築64年

お気に入りの場所

玄関を入って最初に目に飛び込むのは、使いやすそうなアイランド型のキッチン。初めは壁沿いに配置してみたが、アイランド型に作り変えたのだそう。このカタチになってから、自然と人がキッチンの周りに集まるようになった。毎年恒例になっている年末の忘年会では、朝から築地市場で魚を仕入れて本格的に料理するそうだが、お客さんもみんなキッチンの周りに自然と集まって、にぎやかになる。

壁を壊して広くした、家の中心になるリビング

1階の中心を占めるのは、収容人数がだいぶ多そうな、広々としたリビング。横浜のミニシアター・ジャック&ベティの改装時に売りに出たという映画館の椅子が、またいい雰囲気。

プロジェクターとスクリーンも完備で、朝まで映画を観るイベント「All night yuichiro」を、加藤さん主催で開いているそうだ。テーマに合わせてセレクトされた映画を、みんなで堪能する。実は取材前日もやっていて、ついさっきまで友だちがいたのだと教えてくれた。


続きは下記のリンク先()https://www.roomie.jp/2017/06/384793/で、DIYアイディア満載のそれぞれの自室を紹介。あなたの部屋作りのヒントに取り入れてみてはいかがでしょうか?

120平方メートルの一軒家をセルフリノベで再生する建築男子たち(目白)みんなの部屋 | ROOMIE

(sato)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。