ここから本文です

普通にかぶるだけじゃダメ!ヘアテクを足してひとつ上のキャップコーデへ☆ [ViVi]

6/20(火) 20:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

今年1個は手に入れたいキャップだけど、普通にかぶるだけじゃおしゃれじゃない。ヘアテクをちょこっと足して、ひとつ上をいくキャップコーデを楽しもう!

うざめな前髪がアクセント × ゆるぼさななめバングでゆるストリート

ストリート感をやわらげたい時は前髪を主役に。うざい感じに流せば、ゆるっとした印象に変化。

髪をサイドで分けてから前髪を残して結ぶ。

少しだけ髪を引き出して軽くたるみをつける。キャップをかぶったら髪の見え方を調整。

耳の後ろで結ぶだけ!! × サイドポニーでロングでも少年風

男の子っぽくしたいけど、長い髪がジャマ。そんな時はシンプルなサイドポニーが味方に!

Point

髪全部をまとめて耳の後ろできつく結び、結んだ髪を左右に引っ張って結び目を締める。

髪がうねる日にも使える × でこ出し&ラフ巻きでやんちゃ感

毛先をラフに巻き、前髪はオールバックに。寝グセも隠せる、こなれたキャップアレンジ。

Point

縦、横、内、外をランダムにMIXしながら毛先を巻いたら、前髪を全部上げてキャップを。

後れ毛に濡れ質感をON × ウェットな後れ毛でほんのり色っぽ

多めに残した後れ毛に濡れたような質感を。蒸したような雰囲気が色っぽさをかもし出す!

Point

後れ毛を残してひとつに結び、固まらないジェルで後れ毛にウェットな束感をつける。

最後にキャップをかぶり後ろの穴から髪を出す。

ViVi 2017年7月号より