ここから本文です

欧州クラブで“韓国のメッシ”争奪戦が勃発 「一番行きたいチームでプレーする」と断言

6/20(火) 13:51配信

Football ZONE web

韓国U-20代表FWイ・スンウ、ドルトムント移籍も浮上 「慎重に決断したい」

 バルセロナの下部組織でプレーする韓国U-20代表FWイ・スンウはドルトムント移籍の可能性が浮上するなか、「一番行きたいチームでプレーする」と断言。ポルトガル、フランス、ドイツリーグの複数のクラブからオファーが届き、争奪戦が勃発していることが分かった。韓国地元紙「スポーツソウル」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 地元・韓国で行われたU-20ワールドカップで2ゴールを決めたイ・スンウは、ドイツメディアでドルトムントからオファーを受けたと報じられている。

「僕は一番行きたいチームを選ぶ。チームの名前や戦術ではなくて、いろいろなことも検討することになる。周囲の人々を相談して、慎重に決断したい」

 イ・スンウはこう語ったという。2011年にバルセロナの下部組織に加入した韓国のメッシだが、クラブが未成年の外国人選手補強の規定違反でFIFAからペナルティを受けたために、公式戦でプレーできない苦しい日々を過ごしてきた。ドルトムントで日本代表MF香川真司と同僚になる可能性もあるが、オファーを慎重に検討すると語っている。

 U-20日本代表FW久保建英が2015年に出場機会を手にするためにバルセロナの下部組織から帰国する一方、イ・スンウはバルサで練習の日々を過ごしていた。代理人を務めるマンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督の弟、ペレ氏と去就を決めることになるという。

バルサ残留時には来季2部でプレーも

 ドルトムント以外にも現在ドイツ、フランス、ポルトガルの4、5クラブのオファーが届いているというイ・スンウだが、バルサ残留時にはバルサBでプレーすることが確実視されている。

 現在三部相当のセグンダBのバルサBだが、2部昇格プレーオフ第1戦でラシン・サンタンデールを撃破。イ・スンウも来季2部でプレーできる可能性が高まっている。

「バルセロナにとどまることも良い選択。でも、扉は開けておきたい。何が起こるか分からないので」と、イ・スンウは話しているという。

 バルサのカンテラで公式戦出場禁止の日々を乗り越えたイ・スンウはどんな決断を下すのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/22(木) 16:59
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新