ここから本文です

この夏おさえるべき、バレエとダンスのお勧めトピックス4選。

6/20(火) 21:01配信

VOGUE JAPAN

バレエやダンスにちょっと興味があるけれど、何から観たらいいか分からない...... そんな方でもきっと楽しめる、踊りにまつわるホットなネタをお届けします。

釘づけになること間違いなし。美しく舞い、人々を魅了するダンサーたち。

今、最も注目の日本人バレリーナ2人が、待望の共演!

VOGUE JAPANではおなじみ、ロイヤル・バレエ団プリンシパルの高田茜さんと、パリ・オペラ座バレエ団のプルミエール・ダンスーズのオニール八菜さん。この夏、日本を代表する若き逸材であるこの2人が、初めてひとつの舞台で踊ります! オペラ座、ロイヤル夢の共演「バレエ・スプリーム|では、高田さん、オニールさんの他にも、オペラ座、ロイヤルバレエ団それぞれの主役級ダンサーがズラリと揃う、超豪華なキャスト。ベテラン勢に加えて、今年3月の日本公演後にエトワールになったばかりのユーゴ・マルシャンや、高田さんと同時期にプリンシパルになったフランチェスカ・ヘイワードなど、フレッシュな顔ぶれも。高田さんはジゼル(Aプロ)、真夏の夜の夢(Bプロ)、オニールさんはエスメラルダ(Aプロ)、グラン・パ・クラシック(Bプロ)を踊る予定。私自身、いつもYou Tubeで食い入るように見ていた憧れのダンサーたちの踊りを生で観られるとあって、今からドキドキ!

バレエ界の不良と呼ばれる、驚異的な才能をもつダンサーのドキュメンタリー。

バレエに興味がない人が観ても、きっと惹きつけられるであろうドキュメンタリー映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」が7月15日より公開されます。バレエ界の異端児と呼ばれる天才ダンサー、ウクライナ出身のセルゲイ・ポルーニン。2015年2月に流れたホージアの楽曲「Take Me to Church」に合わせて踊る動画で、その野生的な跳躍を覚えている人もいるかもしれません。この動画は、わずか2ヶ月でYou Tubeの1000万PVを叩き出したと言われています。

19歳という若さで世界的バレエ団、英国ロイヤル・バレエのプリンシパルになったものの、その2年後に突如退団。その裏に隠された、彼の生い立ちからくる心の葛藤などを、苦しいほど感じとることができます。家族全員(祖母までも!)出稼ぎにでながら彼を支え、ダンサーの頂点を目指してきた計り知れないほどのプレッシャー、その後の両親の離婚、そこからの絶望など、かなりリアルに写し出されています。たまたま彼の母親が撮っていたというホームビデオには、驚異的ダンサーができあがっていく様子が残されており、その溢れんばかりの鬼才っぷりに身震いするほど。現在は各国の舞台で活躍しながらダンサーを支援するプロジェクト・ポルーニンという会社を立ち上げたという彼。ファッションや音楽などと、ダンサーをつなぐ役目も行うのだとか。プロジェクト・ポルーニンのロンドン公演はチケットが即日完売になるほどの人気だったそう。いつの日か、日本の舞台でお目にかかれることを楽しみに。

2017年7月15日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

1/2ページ

最終更新:6/20(火) 21:01
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年12月号
2017年10月28日発売

700円(税込み)

大人気モデル、テイラー・ヒルが表紙に初登場! 「ダーク」なヴォーグ、28日発売。