ここから本文です

マラドーナがアルゼンチン代表監督の采配を酷評 「サンパオリは物事を知らないな」

6/20(火) 17:02配信

Football ZONE web

監督就任後の親善試合で2連勝も、母国英雄が一刀両断

 ロシア・ワールドカップ(W杯)出場に向けて、南米予選でギリギリの戦いを強いられているアルゼンチン代表は、ホルヘ・サンパオリ監督を招聘し、6月の親善試合を2連勝と好スタートを切った。しかし代表のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏はサンパオリ采配について納得がいかず、「フェイク」扱いしているという。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

「サンパオリは(前監督の)バウザよりも物事を知らないな」

 アルゼンチンのテレビ局「TyC」の番組に出演したマラドーナ氏は、セビージャで超攻撃的サッカーを実現するなど評価が高まっている名将を、いきなり一刀両断した。

 現在アルゼンチン代表は、W杯南米予選で大陸間プレーオフ行きとなる5位に低迷していることもあり、アルゼンチンサッカー協会はサンパオリ招聘という切り札を使った。すると新体制初戦となった宿敵ブラジルとの親善試合に1-0で勝利し、続くシンガポール戦では格下相手ながら2バックという超攻撃的システムを採用し、6-0の大勝を飾った。

 “サンパオリ効果”はてきめんだったように思えるが、マラドーナ氏にとっては納得いかないことがあった。それは自身の愛娘と結婚し、その後離婚したものの、義理の息子という関係だったFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)が選出されなかったことにあるようだ。

「クンを呼ばないのは狂気でしかない」

「クン(アグエロの愛称)を去らせたまんまというのは、狂気でしかない。クンはチームにもっとスピード、そして電撃を与えてくれるからだ」

 スペイン紙「マルカ」によると、マラドーナ氏はサンパオリがセビージャの監督を務めていた時、キャリア晩年にセビージャに所属した縁もあって慈善試合に招待したことがあったが、サンパオリがこの要望を受けなかったという。

 その個人的な恨みもあってか「サンパオリは俺に対して“フェイク”をした。彼はオレに『セビージャでの偉業を讃えたい』と言ったが、代表チームに来た時、彼からそんな言葉を聞いたことはないな」と話している。かつてのナンバー10から厳しい視線を送られるサンパオリ監督は、W杯予選で結果を出すことで認めさせるしかないようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/20(火) 17:02
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新