ここから本文です

「萌え」は英語でなんて言う? お酒を飲んだ翌日の“pick-me-up”ってどういう意味? 何気ない表現をマスターすれば、ネイティブとの会話も怖くない!

6/20(火) 6:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 日々、何も考えずに使う言葉でも、英語に訳せと言われると難しい。決まりきった表現なら覚えられても、いざ、英語で日常会話をしようと思うと、なかなか言葉が出てこないもの。そもそも、文法も違えば、文化や考え方も違うので、日本語から英語に訳すのは至難の業だ(逆も然り)。それでも、言いたいことがうまく言えない、相手に言いたいことが伝わらなかった、という経験をすると、英語を話すこと自体が怖くなってしまう。

 逆に言えば、何気ない日常会話を、サラッと英語で話せたら気持ちいい。(自分以外は全員英語がペラペラというアンラッキーな環境でない限り)周囲の人からは、羨望の眼差しで見られることもあるかもしれない。

『「おつかれさま」を英語で言えますか?』(デイビッド・セイン/KADOKAWA)には、あなたを今より何倍も輝かせてくれそうな小粋な英語表現が満載だ。英語を母国語とし、日本文化に精通した著者による解釈や解説も収録されており、充実した内容となっている。

■お酒の場で使える表現

 飲みに行ったら、必ず誰かが発するセリフ。「とりあえずビールにする?」英語では“Should we start off with some beers?”と言えばバッチリだ。間違いなくビールを飲みそうな相手なら、“Let’s start off with some beers.”でもOK。一軒目で盛り上がったら、「もう一軒行く?」と言いたいところ。そんな時は、“Let’s go to one more place.”と誘ってみよう。この2つの例は、日本語を素直に英語に訳したものなので、分かりやすいのではないだろうか。

 お酒の話をしている時、相手が“pick-me-up”という表現を使ったら、どう解釈するだろうか。筆者は、確か中学の英語の授業で“pick up”を主に「拾う」「車で迎えに行く」と教わったので、「よく分からないけど、迎えに来てくれるのか? 何か拾ったのか?」と、様々な妄想をして悩んでしまいそうだ。実は、この表現は「迎え酒」を指す。まったく連想できなかった…。「(お酒に限らず)元気になる一杯」「強壮剤」を表す表現だそう。カジュアルな会話の時に使えたら、話も盛り上がりそうだ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい