ここから本文です

「有吉の壁」芸人インタビュー!ロッチ中岡『雪山で足もげそうに…』

6/21(水) 15:36配信

ザテレビジョン

6月24日(土)、日本テレビ系にて放送される「有吉の壁VIII」。放送に先立ち、ロッチ・中岡創一、さらば青春の光、やさしい雨・松崎克俊ら参加芸人たちにインタビューを実施。前編となる今回は、ロケに向けての意気込みや、過酷なロケの裏側などを語ってもらった。

【写真を見る】笑顔が印象的な佐藤栞里も笑ってない時があるという

――今回で第8弾となりますが、改めて今回のロケに向けての意気込みをお願いします。

中岡創一(ロッチ):そうですね、何回か出させてもらってるんですけど、もうスベった時はエグい空気になるんで…。

一同:(苦笑)

中岡:もうそれだけにはなりたくないんでね。たまに(OAに乗らなくて)出てないことになってる時もあるんで(笑)、今回はそうならないように頑張ります。

――中岡さんは今回も「先輩の壁」として、他の芸人さんたちと戦っていかなければならないと思いますが…。

中岡:そうなんですよ。誰もこの「先輩の壁」を破ってこないので、常に僕が出させていただいてるんですけど(笑)。低めの壁をスタッフさんが用意したはずなのに、誰も超えてきやがらないという…。

森田哲矢(さらば青春の光):誰かが超えてる時ありますけどね(笑)?

中岡:まあ、そんな感じです(笑)。

森田:僕らは毎回本当に死にもの狂いというか。いつも「これが最後」と思ってやってます。

東口宜隆(さらば青春の光):そうですね、毎回呼んでもらえてることがありがたいという感じなので。

森田:やっぱり1回スベったら「あ~、もう呼ばれへん」っていうのが頭をよぎるんです。特にこの(今日集まった)メンバーは、(スベるたびにそう)思うんですよ。

一同:(笑)

森田:本当に毎回、「(今回は)やべえかな~?」って収録終わりに(思うんです)。で、次の(番組収録の)知らせが届いた時に「おっしゃ!」ってなるんです。

毎回「本編で流れなかったネタはHuluで」みたいな(救済措置があるんですけど)、たまにHulu版にも入ってない時があるんです。だからもう、今回も死にもの狂いで頑張ります。

東口:毎回有吉さんに笑っていただいてホッとできる時があるんですけど、本当に笑いはらない時が(あるんです)。

森田:あんなに“ゲラ”な人がホンマに笑わん時があるんですよ(笑)。

東口:で、(有吉さんの)横見たら、佐藤栞里さんも笑ってない時があるんですよ。今回も恐る恐るですが、何とか一生懸命食らいついていけたらなと思ってます。

松尾駿(チョコレートプラネット):あの~、自分のスケジュールに「有吉の壁」っていう文字が入った途端に、一気に憂鬱(ゆううつ)になるという…(笑)。今度ロケに行くんですが、(まさに今が)絶賛“憂鬱期間”に入ってまして。

さっき森田君も言ってたんですけど、やっぱりロケが終わって、次の回に呼ばれたところでやっと、前回の自分が「あ、大丈夫だったんだ」って安心できるんです。なので、今考えたら(番組に関わる中で)楽しい期間って全然ないんですよね。

一同:(笑)

松尾:でも、周りの芸人とか結構見てくれてるんです。「あれ面白かったですね」って言われるとうれしいんで、もう本当に、それだけのために頑張ってやってます(笑)。

長田庄平(チョコレートプラネット):僕らのようなネームバリューのない芸人は、本当に「どうしたら次につなげられるか」っていうのが一番の課題なので、もう常に頭をフル回転させてますね。

本当にあの場で、即興でネタを数多くやらないといけないので、もう集中力が途切れられなくて。ロケが終わったらクタクタになりますね。

平子祐希(アルコ&ピース):僕、本当は出たくなくて…。

一同:(笑)

森田:暗いな~。

平子:ずっと「こういう芸人になりたい、こういうことを仕事としてやっていきたい」って思い描いてきて、希望を持って(この世界に)入った時と全く真逆のお仕事なんです。僕はもっと、間と雰囲気と空気感を重んじたオシャレよりの芸でもってやっていきたいって思っていたので。

この番組に何度か出させてもらっていて、オンエア率こそ死ぬほど低いですけど、それでもやっぱり即興で何かをしなきゃいけないという状況で、本当に追い詰められた時に、毎回僕、気付くと服を脱いでるんですよね。

一同:(笑)

平子:「自分が追い詰められた時に人間性が出る」っていう話がありますけど、「俺は、服を脱ぐんだな」っていう新しい発見というか、人間としての部分を気付かせてもらいましたね。

だから視聴者の皆さんには、「バラエティー」というより「人間ドキュメンタリー」としての見方をしてもらった方が、(僕らがやっていることと)近いかもわからないですね。(芸人たちが)苦しむさまを楽しんでもらえたらと思います。

松崎克俊(やさしい雨):僕は多分、出演者さんの中で一番ネームバリューも無いので、正直(同じ事務所の)有吉さんのバーター枠みたいな感じで出させてもらっていて(笑)。

それが前回、パーマ大佐に代わられていたので「やっちまったな!」と思ってたんですけど、今回見事パーマ大佐に勝って(今日)この場にいられるってことがすごいホッとしています。今度こそは、(バーター枠を)取って代わられないように頑張りたいと思います!

――毎回多くの芸人さんが参加されますが、皆さんがライバル視している芸人さんはいらっしゃいますか?

中岡:いや、(現場が)過酷なので、ライバル視はあんまりしていられないというか。「みんなで助け合わないと」っていうところが正直あるんですよ。

もちろん、誰かがウケて「悔しいな」みたいなことはちょこっとありますけど、それよりも助け合い、支え合いという。だから本当に、「24時間テレビ」的な。「芸人24時間テレビ」的な感じです(笑)。

森田:変な空気になった時、「だ、誰か行け!」みたいな。「行けるヤツはいないか! 全員で盛り上がるから、誰か行ってくれ!」みたいな感じですよね。

長田:「こけただけで笑うから!」みたいな。

一同:(笑)

――参加されている芸人さんの中でも、とにかく明るい安村さんは毎回まゆ毛をそったり髪の毛をそったり、体を張られているなと思うのですが、皆さんは間近でご覧になっていていかがですか?

長田:安村さんはもう、回を追うごとにこれに懸ける感じが…。

森田:多分あの人、10年後この番組しか出てないと思いますよ(笑)。ずっと番組が続くなら。

平子:アイツだけ連携が取れてないんですよ。

一同:(爆笑)

森田:確かにそうっすね(笑)。

平子:ああいうことをやっちゃうと、僕らのその場の即興具合っていうのが本当に弱まっちゃうんで。

長田:やっぱりちょっと、(他の芸人との)バランスを考えますよね。

平子:そう。(安村は)「自分だけ秀でればいい」っていうスタンスだから。

一同:(爆笑)

松尾:前回(の安村)はひどかったですよね(笑)。

森田:前回はそうっすね。でも、それでMVP取ってるんでね。ウケたんですけど。

――放送では編集によって、爆笑の即興ネタがポンポンと出てきているように映っていますが、実際の収録現場ではシビアなんでしょうか?

中岡:いや、何を言わせたいんですか(笑)。「実はすべってるでしょ」的な…。

長田:OAされているネタの下にはもう、山ほどクソみたいなヤツがありますから。

森田:そうですね~。もう屍のようなネタが(溢れ返っている)。

松尾:それを加味して見てもらいたいですね。

長田:それが厳選されてテレビになってるわけですから。

平子:気が弱い人だったら、もうその日に芸人辞めるくらいの撮影をしていて。帰りのマイクロバスの中で、別に褒められたところなんか一つもないんですけど、お互い「○○はよかった」って励まし合って。

森田:そうっすね。傷なめ合ってね。

長田:(お互いのいいところの)探し合いですよね。

平子:そう。そこで平静を保って、それぞれ家に散るっていう。で、次の日からまた芸人を続けるっていうシステムなんですよね。

松崎:終わった後の一体感みたいなのはすごいですよね。

森田:OAの後、一般の方からの反響も多くて。やっぱり(この番組の)視聴率すげえなって思いますね。若干コンパが増えたりしますし(笑)。

松尾:本当ですか?

長田:結び付きますか?

森田:女の子から連絡来て「コンパしませんか?」みたいな。(番組がOAされると)若干増えますね。ありがたいです(笑)。

――これまで挑んできた「壁」の中で、特に印象に残っているものはありますか?

中岡:みんな1回、足がもげそうになった時があって。

一同:ああ~!

長田:雪山の時ですよね。そうや~。

東口:ありましたね~。スキー場やね。

森田:もう、「足取れればええねん!」って思うくらい冷たかった。足の裏が。

長田:あれ一番きつかったな~。

森田:だって、雪山の上にビーチサンダルで乗せられたんですよ!

松尾:そうそうそう。最初「ビーサンを履いているから、一応足は守られます」ってスタッフさんに言われたんですけど、始まってすぐにビーサンが持ってかれて。

一同:(爆笑)

長田:ビーサンのまぁ~意味ないこと。すぐ壊れて。

中岡:でも、スタッフさんも優しいんですよ。その本番前に、「糖分取ってくださいね」ってチョコレートパンみたいなの(くれたんです)。

松尾:あ~、そうだ!ありましたね~。

長田:(糖分摂ると)凍傷になりにくいらしいんですよ。

中岡:だから糖分取ってくださいねって…(笑)。雪山の中で裸でもって…。

長田:そんなカロリーじゃ意味ないのに…。チョコレートのカロリーでどうのこうのできるもんじゃないですあんな中で(笑)。

中岡:一人1個こんな小っちゃいので…。みんなそれを食べて雪山に挑むっていう…(笑)。

森田:はっきり言って、今まで奇跡的に誰も死んでないだけですからね! 本当に。

東口:あれはヤバかったな~…。

長田:あれは終わった時、マジで足の小指取れたと思いましたもん。(両足)2個ずつくらい(指が)無くなってるんちゃうか(と思って)。もう(それくらい)感覚がないんですよ。

松崎:(足の状態を)確認するの怖かったですよね?

長田:もう取れてるのかどうかも分からへんっていう(笑)。「あ~取れた!」っていう瞬間も分からないくらいにまひしてたんです。

平子:冬山ってすごいんだなって。

長田:エベレストなんて、あれのもっと究極ってことですからね。

中岡:でもスタッフさん優しいですよ、パンを…。

一同:(爆笑)

長田:何もならないですって(笑)!

東口:なんのフォローなんですか(笑)!

中岡:パンはちゃんと食わしてくれますから(笑)。

森田:プラマイゼロにならないですから! それで。

中岡:小っちゃいチョコレートパンは、あれは本当に、ありがたかったです(笑)。

平子:それだけじゃなく、足の感覚ない中、上半身に電気を流されますからね。訳が分からない。

一同:(爆笑)

森田:そう、電気好きっすよねここのスタッフさん(笑)。

中岡:ほかの番組より電気ちょっと強めなんですよね。

森田:電気と火薬強めの(笑)。

――以前、熱海のビーチを舞台にやった際の爆破はすごかったですが…。

森田:あれ(パンサーの)向井(慧)さんでしたっけ? 死にかけたんですよ。

中岡:え、死にかけてんの?

長田:火の粉がここ(目の前)まで来たっていう。

一同:(爆笑)

松尾:「火がここに見えた!」って(笑)。

中岡:面白いですわ、今思えば(笑)。やっぱり、そういう時によく有吉さん笑いはるんで。

森田:そうですね、やっぱりね。

長田:もうゲラゲラ笑ってましたよ。

平子:そこまでつらくて、ふた開けたらオンエアされてなかったっていう…。

一同:(爆笑)

長田:それが一番の地獄ですね。

松尾:2レースあるときはチーム戦になってますんで。

森田:前回もそうでしたもんね。もう、2レース目の方は絶対Hulu行きなんですよ。

一同:(爆笑)

森田:中岡さんがいらして、僕一緒やったんですけど、「もう、どうあがいてもHuluやからな!」って(笑)。

長田:案の定Huluやったし。

森田:Huluでしたね。Huluなりに頑張るんですよね、2レース目の人間は。

最終更新:6/25(日) 14:56
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)