ここから本文です

亀梨和也がスパイを演じた「ジョーカー・ゲーム」、原作に亀ちゃんも心酔[ジャニ読みブックガイド第3回]

6/21(水) 16:00配信

Book Bang

 ギリギリでいつも生きていたい皆さん、こんにちは。地元じゃ負け知らずのふたりが共演した「ボク、運命の人です。」も終わり、亀担さんはソロコンに向けてアップを始めた頃でしょうか。
 亀ちゃんといえば、スターを多く輩出した二大学園ドラマ「3年B組金八先生」と「ごくせん」の両方に生徒役で出演した唯一のジャニーズ。金八では寿司屋の息子役(生徒のメインは風間俊介くんだった)、ごくせんでは仁亀揃い踏みでクールっぷりを見せつけてくれたよね。
 最近は恋愛ドラマが多いけど、個人的には「ごくせん」のようなクールな役も好きだなあ。ということでジャニ読みブックガイド第3回は、亀ちゃん主演のあの映画だぞ! 

■KAT-TUN 亀梨和也主演! 「ジョーカー・ゲーム」

 2015年公開の映画「ジョーカー・ゲーム」(東宝)の原作小説は、柳広司の同名小説『ジョーカー・ゲーム』(角川文庫)。昭和10年代前半を舞台に、スパイ養成所「D機関」とその卒業生の活躍を描いたスパイ小説だ。
 だが、原作と映画には大きな違いが3つある。

(1)原作はすべて主人公が異なる一話完結の短編集だが、映画は各編からエピソードを抜粋、再構成して一本の物語を作っている。
(2)原作は「緻密で論理的な謎解きミステリ」、映画は「スピーディーなアクションもの」と、かなり印象が異なる。
(3)亀ちゃんが演じた嘉藤は、原作には登場しないオリジナルキャラ。

 実は亀ちゃん、もともと小説「ジョーカー・ゲーム」の読者だった。読者だったどころか大ファンで、雑誌や番組でもしょっちゅう語っていたのだ。だから映画出演はとても嬉しかったそうなんだが、「原作ファンだからこそ、『原作ではこうなのに!』ともどかしく思うこともありました」(「野性時代」2015年2月号の対談記事より)と言うくらい改変されている。

 あれ? オリキャラとなると私がこの連載第1回で提唱した「ジャニ読み」の第3段階「自担がなぜこの役なのか考えながら読む」ができない? 
 大丈夫、それでもちゃんとジャニ読みはできる。亀ちゃんの役はオリジナルでも、その原型はちゃんと原作の中にあるのだ。まずはストーリーがどう違うか、比べてみよう。

1/3ページ

最終更新:7/5(水) 16:54
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)