ここから本文です

BMWが人気を笠に強引な販売網再編――不安視されるアフターサービスの質(選択出版)

6/21(水) 9:30配信

選択

 欧州のプレミアムブランドとして、日本でも富裕層を中心に人気があるドイツのBMW車の人気を笠に着て、ビー・エム・ダブリュー(BMW)ジャパンが強引なビジネスを推し進めながら、販売網の再編にも乗り出している。
 BMWの正規販売店を運営するディーラーは全国に百社近い。BMWジャパンはディーラーに「ブランドイメージに沿うためだ」という決まり文句で豪勢なショールームなど過剰な設備投資を要求。さらに、ブランドや商品の説明だけに特化したスタッフの配置を迫っているが、いずれも金銭的な支援は皆無に近い。
 意に沿わない一部の会社からはディーラーの権利をはく奪し、顧客情報を吸い上げているという。西日本では合従連衡による再編が始まり「運営会社を現在の半分以下にするつもりではないか」(首都圏のBMWディーラー経営者)との声も漏れる。
 こうした動きは「トヨタのレクサスへの対抗心」と前出経営者は言い切る。ラインアップの豊富さや比較的安い価格などで販売台数を伸ばすレクサスに焦りを感じたBMWジャパンが「プレミアムブランドに拘った事業展開で収益拡大に躍起になっている」(業界紙記者)。強引な再編により、アフターサービスで迷惑を被るユーザーのことはお構いなしか。
                              選択出版(株)

最終更新:6/21(水) 9:30
選択

記事提供社からのご案内(外部サイト)

三万人のための情報誌「選択」

選択出版株式会社

2017年8月号
毎月1日発行

年間購読料:12,000円

卓越した分析・解析を施し、単なる評論には
終わらない先見性をもった内容で、読者の
ニーズに応える、三万人のための情報誌。
 
8月号の記事タイトル(一部)