ここから本文です

次世代クリエイター支援プロジェクト「FCP」とは? 現代美術家が直接指導

6/21(水) 20:35配信

KAI-YOU.net

次世代クリエイターを募集するプログラム「FUTURE CULTIVATORS PROGRAM 2017」(FCP)が、公式サイトにて応募を開始した。期間は7月17日(月)まで。

FCPの画像をもっと見る

本プログラムでは、京都造形芸術大学の教授を務める椿昇さんを講師に迎え、8月19日(土)に東京都内でワークショップを行う。

なお、ワークショップ内から選抜された8名を対象に、京都で1泊2日のフィールドワークも実施される。

FCP」は、煙草の銘柄である『アメリカンスピリット』の輸入・販売でも知られる株式会社トゥルースピリットタバコカンパニーが手がけるプロジェクト。

2015年から始まり、これまで、延べ56人の次世代クリエイターが参加。今回で第3弾となっている。

テクニックや誰かの真似に走らない自分自身の内からくる情熱に気づき、それをどう表現するかにフォーカスした学びの場となっている。

日本の伝統から新しい創造を

今回のワークショップでは「やわらかさの美学」をテーマとし、身体体験をともなう事で体感できるインスピレーションについて学ぶことができる。

歩きながら恋文を書いたり、腰掛けて風景を描くなど、日本の伝統的な創作方法を体験できるプログラムだ。

また上記のワークショップから、選考された8名が参加できるフィールドワークは、日本のオリジナルアートの根源の地である京都で開催され、日本文化の基礎を学び、今後の作品制作の礎を築くことができる内容となっている。

また、参加した方は、ワークショップ・フィールドワークで取得した力を土台に作品を制作し、10月の作品発表会にて最優秀作品を発表することができる。

今回のプログラムにより、世界に影響を与えるアーティストが日本から誕生するかもしれない。

自己のアイデンティティと向き合いながら、国内外に通じるアーティストなりたい人は、ぜひ今回のプロジェクトに応募をしてみてはいかがだろうか。

最終更新:6/21(水) 20:35
KAI-YOU.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ