ここから本文です

レアル会長がC・ロナウドの無実と残留明言 「彼が収入を隠したことは一度もない」

6/21(水) 8:20配信

Football ZONE web

ペレス会長がレアル寄りの地元紙でインタビューに応じる

 レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、2021年までの会長職続投が決定的となった。その一方で退団の意思を表明したとされるクリスティアーノ・ロナウドについて、スペイン紙「マルカ」の独占取材に応じた。ゴールマシンの残留を明言し、現在スペインで置かれている状況を完全擁護している。

【動画】受け継がれる天才のDNA…ロナウド愛息が父親さながらの鮮烈FK!

 ペレス会長は2000年に会長に就任して“銀河系軍団”を築き上げ、06年に辞任。09年に会長へと再任されると、2016-17シーズンには5シーズンぶりのリーガ・エスパニョーラ制覇、史上初のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)連覇を果たすなど、第2期の絶頂期を迎えている。それもあってこれまでの会長職、そして今後の展望について口も滑らかだったが、ロナウドの件については厳しい表情を浮かべて語った。

「私はいつか彼と話をするつもりだが、私は彼とまだ話をしていない。代表チームに集中しているところを邪魔したくはない」としたうえで、「税務問題についてはクリスティアーノに課せられた最悪の事態であり、私は彼に同意します。一部のメディアは脱税をしたというイメージを彼につけているし、彼のプロフェッショナルな名声と誠実さはなかなか理解されない。推定無罪は考慮されていない」

 まず指摘したのは、ロナウドの身に降りかかった脱税疑惑だ。日本円にして18億円にも及ぶと言われる肖像権の虚偽があったとスペイン税務局から告発があったものの、クラブとして完全にバックアップすることを明言している。

「ロナウドは今後も残留する」

「我々は法律事務所とも話をした。プレミアリーグでプレーしていた頃から、彼は自分の肖像権を得るための組織を持っていて、それはスペインでのものと同じものだ。彼は収入を隠したことは一度もなく、所得を申告している。現時点での“脱税”という印象は相応しくなく、一部のメディアはこの状況を静観していない」

 このようにペレス会長は話している。「ロナウドはレアル・マドリードの選手であり、今後も残留する」と話すと同時に、ロナウドに対して浴びせられる“ヤジ”についても言及している。

「ごく少数のファンからの声は、ロナウドや他の選手にとって由々しきことだ。もし我々がクラブに所属する感覚を持っているなら、選手は我々のもので、家族の一員である。家族の誰かをはやし立てるのは普通のことではない」

 ペレス会長はこのように、ピッチ内外での問題に毅然とした対応を見せている。レアルひいきで知られる同紙を使っての剛腕会長の言葉は、クラブに関わる人々、そしてマドリディスタに向けての“ロナウドをサポートせよ”との意思表明であるようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/21(水) 8:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新