ここから本文です

赤ちゃんに耳掃除は必要ですか?/異物を詰めてしまったら?

6/21(水) 11:10配信

Wedge

質問:赤ちゃんの耳掃除が怖くてうまくできません。お風呂上りに綿棒でとってみようと思うのですが、動いてしまって耳垢がとれません。耳垢がたまっていないか心配です。

答え:耳垢は耳鼻科で取ってください。

答える人 藤巻豊先生(藤巻耳鼻咽喉科医院)

 赤ちゃんの耳の穴は大変小さいため、そもそも保護者が綿棒を入れようとしても入らないでしょう。仮に無理に綿棒を入れても、垢を耳の奥に押し込むだけです。特に注意したいのは耳垢が柔らかいタイプです。耳垢が柔らかいと、一部だけは取れても、それ以外を奥に押し込んでしまいます。そうすると、聞こえづらくなる場合があります。

 ですから、幼い子どもの場合は耳鼻科を受診し、耳垢を取ってほしいですね。

 一般的に大人でも赤ちゃんでも2~3カ月に1度、耳垢があまりたまらないならば半年に1度、耳鼻科で耳垢を取れば十分です。

質問:目を離すと子どもがティッシュなどなんでもかんでも鼻や耳に入れてしまいます。もし取れなくなったら、親が取ってあげればよいでしょうか。

答え:よく子どもの鼻や耳を見てあげて、匂いがしないか確認してあげてください。もし異物が入っていた場合、中に押し込むといけませんので、家では何もせずに受診してください。

 幼い子どもは、ティッシュなどなんでも鼻や耳に入れてしまいます。でも、子ども自身がそのことを忘れてしまうので、自分から言うことはなかなかありません。先日も、だんご虫を鼻に入れてしまった子どもが診察に来ました(笑)。

 子どもが、親の見ていないところで異物を入れてしまうのはなかなか防ぎようがないことです。耳は比較的、中が見えやすいので保護者が発見しやすいのですが、鼻はなかなか奥まで見えません。鼻に長い時間、異物が入っていると臭うことが多いので、匂いに注意してあげてください。

 耳鼻科での異物の除去では、耳であれば、先端が細くなった医療機で取り出し、鼻であれば吸い取るか、ピンセットで取り出すことがほとんどです。ただ、鼻の場合、異物を長期間放っておくと、蓄膿になることもあります。

 また、稀に鼻に磁石を入れてしまう子がいます。鼻腔の真ん中にある仕切りのような鼻中隔という軟骨は、長期間、磁石で圧迫されることで穴が空いてしまうこともありますので注意してあげてください。

本多カツヒロ (ライター)

最終更新:6/21(水) 11:10
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2017年9月号
8月19日発売

定価500円(税込)

■特集  捨てられる土地
・所有者不明だらけの日本国土
・所有者不明土地が招く空き家問題
・登記義務化と利用権制限 次世代のための制度改革を