ここから本文です

エストニア、電子居住者向けの「国境なきデジタルバンキング」開設

6/21(水) 12:20配信

WIRED.jp

電子居住プログラムを進めるエストニアが、「国境なきデジタルバンキング」を導入する。電子居住者たちがオンラインで口座を開いたり企業を立ち上げるのが、より容易になった。

【最先進国エストニアに学ぶ】これからの政府と暮らし

英国では、欧州連合(EU)離脱の投票以降、エストニアのデジタル市民になりたいという人が急増している[日本語版記事]。

2014年に始まったエストニアの電子居住(e-レジデンシー)プログラム[日本語版記事]には、これまでに138カ国から2万人以上が申請しており、英国からの申請者は1,060人を超えている[訳註:e-レジデンシーとは、100ユーロ(約1万2,000円)の手数料を支払い、顔写真の提出と指紋の登録を行えば、審査を経てエストニアの電子居住者になれるというもの。配布されるICチップ搭載のIDカードを使えば、会社設立、銀行口座の開設、金融取引、納税などができるようになる]。

エストニアではこのほど、この仕組みをさらに容易にした。これまでは銀行口座や企業を開くためには実際にエストニアに行く必要があったが、その制限を撤廃したのだ。「国境なきデジタルバンキング」が導入されたことで、電子居住者は同国を訪れることなくEU企業を設立できるようになる。

電子居住プログラムのディレクターを務めるカスパー・コルユスは『WIRED』UK版に対して、「誰もがオンラインでEU企業を設立できるようにすることで、起業のハードルが大幅に下がりました」と語る。この国境のない企業の枠組みによって、英国民も「国を出る必要なく、EUのビジネス環境にアクセス」できるようになるわけだ。

フィンランドのフィンテック企業Holviが開発した新しいバンキングシステムでは、「ほとんどすべての電子居住者」がビジネス口座を開設できる(現在、米国民はできない)。口座をもつのにかかる費用は1カ月35ユーロ(約4,350円)だ。

エストニアの電子居住者が現在までに起業した会社は、約3,000社に上る。コルユスは、国境のないデジタルバンキングの導入によって、同国で設立される企業の数が増えることを期待している。

MATT BURGESS

最終更新:6/21(水) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。