ここから本文です

ケイティ・ペリーやケンダル・ジェンナーも!セレブ達が取り入れた最旬ファッションアイテムとは?

6/21(水) 12:02配信

VOGUE JAPAN

おしゃれも日焼け対策も抜群!この夏、ストローハットをコーディネートに取り入れたいと思っています。そこで、ランウェイやセレブ達の着こなしを集めました。

【写真】どう着こなす?モデル達が魅せる、最新ストローハットのコーディネート。

きっかけは、ジャックムスの2017春夏コレクション。

今夏のストローハットといえば......やはりジャックムス(JACQUEMUS)!クラウンの部分が浅く、ブリムが真っ直ぐ大きいのが特徴的な帽子が全ルックに登場しました。中でも、こちらが2017春夏コレクション中で私の心を掴んだルックのうちの一つ。デコルテが広く開いたシャツとスーパーワイドパンツを合わせ、洗練された抜け感がツボ。一気にストローハットを身に付けたい欲が高まったのでした。

このジャックムス(JACQUEMUS)のハットを、ケンダル・ジェンナーが着用しているのを発見!ハイウエストの水着で醸し出すレトロな雰囲気とマッチングしていて、なんとまあ可愛いこと。この日は親友たちとヨットで楽しんでいた模様の彼女。スイムウェアで周りと一歩差をつけるだけでなく、夏の暑い日差しを遮って日焼け対策にもなるので、ビーチや海にも必須ですね。

ストローハットを合わせたレトロライクなビーチスタイルは、ケイティ・ペリーだって。チュールが揺れるミニドレスと白縁のサングラスを合わせて、60sのムードが全開!メッセージ刺繍がポイントになった、大きなブリムのストローハットは、往年の女優を気取って纏いたいところ。

そこで参考にしたいのは、映画「暗くなるまでこの恋を」(1969)に登場するカトリーヌ・ドヌーブ。オープンカーで風に乗ってなびくリボンが、なんともドラマチック。ブリムが広めのハットにスカーフなどでアレンジしてみれば、ロマンチックな夏のドライブスタイルの出来上がり。

エレガントなドレスが並ぶ、クチュールコレクションでも。

続いて気になったのが、ジャンポール・ゴルチエの2017春夏オートクチュールコレクション。カンカン帽のような形は、Tシャツやデニムに合わせやすいのはもちろんのこと、オートクチュールのドレスにだって合うんです。アイコニックな「コーンブラ」があしらわれたドレスもカントリーチックに。

ポロ観戦にやってきたジェシカ・ハートは、真っ白なドレスに合わせて、少女のごとく。シューズやバッグも全てストロー素材で統一して爽やかな印象にまとめあげています。スポーツ観戦にもリゾートにも、真夏のお出かけルックにぴったり。

来シーズンでも注目すべきアイテム!

そしてなんと!春夏だけでなく、GUCCIの2017-18秋冬プレタポルテコレクションにも登場していたんです。あえて帽子はシンプルでエレガントを合わせて、デコラティブなコーディネートのアクセントに。夏のイメージが強いですが、ミケーレの美学に習って、秋冬までトライしてみるのもあり!なのかもしれません。

VOGUE JAPAN

最終更新:6/21(水) 12:02
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年9月号
2017年7月28日発売

700円(税込み)

ララ・ストーン、ドウツェン・クロース、ナターシャ・ポーリーなどトップモデル6名が表紙で豪華競演。