ここから本文です

加藤一二三引退に「ひふみん、お疲れ様!」と労いの声

6/21(水) 14:18配信

女性自身

20日、将棋のプロ棋士、加藤一二三(ひふみ)九段(77)が第30期竜王戦の6組昇級者決定戦の1回戦で高野智史四段(23)との対局に敗れ、現役引退することが決定。62年10か月の現役生活に幕を閉じることとなった。夜にはYahoo!検索ランキング1位に「加藤一二三」、2位「ひふみん」、3位「将棋」と加藤に関連する検索ワードが並び関心の高さが伺われた。

バラエティ番組などに出演し、「ひふみん」の愛称で親しまれる加藤九段は、1954年、当時最年少の14歳7カ月でプロデビュー、史上初の中学生棋士となった。18歳で最高峰クラスのA級に昇級し、八段に昇段。驚異的な出世記録は今も破られていない。「神武以来の天才」「1分将棋の神様」「将棋界の異端児」など多くの異名を持つ。

さらに、独特な対局スタイルを持つことでも知られている。盤の前に正座すると座布団に届くほどの長さの“長いネクタイ結び”相手の側から盤面を見るという“ひふみんアイ”など呼ばれ高い人気を集めた。

加藤九段は対局後、自身のツイッターでコメントを発表。「本日を持ちまして、わたくし加藤一二三は公式戦からは現役を退く運びとなりました。」とし「幸せな棋士人生をありがとうございました。」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

これに対し、「ひふみん引退なのか……」「ひふみんお疲れ様でした」「最後まで、感動をありがとうございました。」「ひふみんのおかげで将棋の楽しさも知りました。長きに渡るプロ生活本当にお疲れ様でした。」「これからバラエティで活躍してほしいな」などの反応をみせている。

最終更新:6/21(水) 14:18
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2791号・9月19日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

堤真一 大河主演辞退報道の陰で…第2子誕生!
中村七之助 恋人と極秘婚前旅行での急接近ぶり
有村架純 ひよっこ打ち上げ“3つのサプライズ