ここから本文です

株で億の資産を作った個人投資家の成功の法則!「配当+株主優待利回り」に注目した倍増株発掘法、相場暴落時にも下がりにくい銘柄の探し方を紹介!

6/21(水) 21:20配信

ダイヤモンド・ザイ

 億を作ったスゴ腕個人投資家3人の最近の「倍増株」と、その「発掘方法」を大公開! 

【詳細画像または表】

 ダイヤモンド・ザイは、「株で1億円を作る! 10倍株の見つけ方&注目の大化け期待株」を大特集!  億トレーダーとなった個人投資家11人が登場して、“大化け株”を見つける方法を教えてくれている。今回はそのなかから、高利回りの株を仕込んで億の資産を作った個人投資家・御発注さん、優待大家さん、そしてv-com2さんの「成功株の法則」を抜粋して紹介しよう! 

高い配当利回りが株価を下支えする銘柄で大勝負!株価が暴落したときに、下落リスクの小さい「高配当株」を仕込め!

 相場が落ち目の時に、勝負する銘柄を探して仕込むのが、30代会社員の個人投資家・御発注さん流の「成功株の法則」だ。

 御発注さんは、主に2つのタイミングで銘柄を選んでいる。まずルーチンとして、毎年相場が弱い9月に年間の勝負銘柄を探す。そして「○○ショック」など、相場が急落したときにも下落した株の中で配当利回りなどに注目して勝負銘柄を探すようにしているという(下図)。

 1年半で2倍以上になった「IRジャパンHD(6035)」を買ったのは原油価格の下落で、世界的に株安だったとき。決め手は高い配当利回りと将来性だった。当時の「IRジャパンHD」の配当利回りは4.51%で増収増益基調。特に暴落時は、防御力(=配当)の高い銘柄がいいと語る御発注さん。2000円が目標株価だったが増収増益が続く限り配当をもらい続けようか考え中とのこと。

 そんな御発注さんが今、注目している株が「ダイト(4577)」だ。製造受託に特化の後発薬企業で、「後発薬の普及は国策で、景気に左右されず安定的に伸びるのでは」と御発注さん。事実、リーマンショック時もこの会社は増収増益だった。

 【※関連記事はこちら! 】
⇒投資初心者に最適な「5万円の高配当株」を紹介! 5万円以下で投資でき、配当利回り3%超の「安心の高利回り株」を選ぶ条件と、該当する2銘柄を紹介! 
⇒1万円以下で買えるおすすめ「激安株」を3銘柄紹介! 「超低位株」のまとめ買いで儲けを出す方法と、一攫千金の確率を上げる銘柄選びのコツを伝授! 

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

10月号:8月21日(月)

定価730円(税込)