ここから本文です

リバプール、“快速ウインガー”獲得は既定路線か。英紙「合意」と報じる。移籍金は…

6/21(水) 7:20配信

フットボールチャンネル

 両クラブが原則的合意し、ローマに所属するエジプト代表MFモハメド・サラーのリバプール移籍が決定的となったようだ。20日に英紙『スカイ・スポーツ』が報じている。

本田と長友が4位タイ セリエA日本人得点ランキング 1位は…

 同紙によると、リバプールが移籍金3500万ポンド(約49億2000万円)近く支払うことで、サラーを売却することにローマが合意したとのこと。サラー本人とは既に個人合意に至っており、残るはクラブ間の移籍金交渉だけとなっていた。

 リバプールは一度、2800万ポンド(約39億4000万円)のオファーを提示したもののローマ側はこれを拒否。交渉は難航していたが、何度か交渉を続けるうちにローマ側がオファーを受け入れる姿勢を見せたようだ。英紙によれば、決着がついた移籍金の額は3500万ポンドだという。

 サラーは今季15ゴール13アシストという素晴らしい数字を残し、ローマのリーグ2位入りに貢献。自身の特徴であるスピードは、攻守の切り替えが激しくスピーディーなプレースタイルを志向するユルゲン・クロップ監督のリバプールの新たな武器となるだろう。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)