ここから本文です

ポグバ移籍問題、FIFAがユーベの懲戒手続き。「第3者による選手保有」抵触の疑い

6/21(水) 8:00配信

フットボールチャンネル

 昨年夏の移籍市場でフランス代表MFポール・ポグバはユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移ったが、交渉の中で違反があった可能性があるとして国際サッカー連盟(FIFA)が調査を続けている。そして今回はユベントス側が調査対象となったようだ。20日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

昨夏ユベントスからマンUに移籍したポグバが1位に。その移籍金は… 移籍金歴代トップ10

 同メディアによると、ポグバ移籍に関して禁止事項となっている「第3者による選手保有」のルールに抵触した疑いがあるとしてFIFAによる調査が行われているとのこと。サッカー史上最高額の移籍金9200万ポンド(約130億円)のうち、大規模な資金がポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏の懐に入った。これが「第3者による選手保有」に違反している可能性があるというのだ。

 英紙『スカイスポーツ』によると、先に調査が行われたユナイテッドの結果が明らかとなり、不正行為はなかったとの判断が下されたという。反対にユベントスに対しては懲戒手続きをしている模様だ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ