ここから本文です

マンU、早くも2人目の新戦力獲得で合意か。“ヤヤ・トゥーレ2世”の到来が間近に

6/21(水) 16:55配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドは、この夏で2人目の新戦力加入が近づいているようだ。トルコ紙『AMK』が報じている。

 補強第1号として、ベンフィカからスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフを獲得したユナイテッド。続く新戦力は、ポルトガル・リーガNOS(1部)のベンフィカに所属する23歳のブラジル人MFアンデルソン・タリスカだという。

 今季はトルコ・スーペルリグ(1部)のベジクタシュに期限付き移籍しており、リーグ戦22試合で13得点を記録した。

 192cmの長身に加えて足元の技術を兼ね備えている攻撃的MFであり、得点力もあることから「ヤヤ・トゥーレ2世」とも称されている。

 タリスカはジョゼ・モウリーニョ監督のもとでプレーすることを熱望しており、ブラジルメディア『グローボ・エスポルテ』で「どんな選手でも彼のもとでプレーすることを望んでいる。モウリーニョは長い間僕を望んでくれているし、僕も彼と一緒に働きたい」と発言している。

 移籍金は2200万ポンド(約30億8000万円)で、すでにユナイテッド加入で合意に達していると同紙は伝えている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)