ここから本文です

リバプールの補強でチェルシーにも利益。臨時収入は約4億円

6/21(水) 23:00配信

フットボールチャンネル

 リバプールは、ローマからMFモハメド・サラーを獲得することが濃厚になっている。英紙『タイムズ』によると、この取引はチェルシーにも利益をもたらすようだ。

 エジプト代表のサラーは、昨年夏にチェルシーからローマへ完全移籍した。このとき両クラブは、同選手をほかのクラブに売却した際は移籍金の一部をチェルシーに支払うという条件を付けていた模様だ。

 リバプールはサラーを獲得するため、移籍金として3900万ポンド(約55億円)を用意したと言われている。チェルシーの臨時収入は270万ユーロ(約4億円)ほどになるという。

 サラーの移籍はすでに合意に達しており、21日中に選手本人がエジプトからイングランド入りする予定。メディカルチェックで問題がなければ移籍が完了する見込みだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)