ここから本文です

レイコップのふとんクリーナーが コードレスになって使いやすさアップ!

6/21(水) 12:01配信

CREA WEB

ふとんクリーナーは梅雨時にこそ手に入れたい

 梅雨時から夏にかけては、ダニが最も繁殖しやすいシーズンです。雨で外干しできないし仕方ないよね~と布団を放置しておくと、ダニはどんどん増殖。そのフンや死がいはアレルギー性の病気の原因となるので、エサであるアカやフケなどと一緒に早めに取り除かなくちゃいけません。

 そこで、今回はふとんクリーナーの代名詞のひとつ、レイコップがコードレスになったということで、わが家の布団をケアしてみました。

レイコップ「レイコップRX(RX-100JWH)」
64,500円(税抜)
http://www.raycop.co.jp/product/rx/

 見た目はこれまでのレイコップシリーズとそっくり。ダニの動きを抑制して99.9%除菌・ウイルス除去する「UVランプ」と、ダニのフンや死がいなどのハウスダストをたたき出して吸引する「パワフルたたき」による、独自技術の「光クリーンメカニズム」も引き続き搭載しています。

 コードレスになったので、使わない時は充電台兼収納台に置いておきます。スリムなので、壁際に設置すれば、出しっぱなしでも目立ちません。約3.5時間のフル充電で、「サイレントモード」は最大約40分間、「パワフルモード」は最大約13分使用できるそう。

 充電中はディスプレイに充電状態が表示されるので、わかりやすいです。

余計な力は不要!アイロンがけのように滑らせてケア

 電源は電源ボタンを長押しでオン。モードは上下ボタンで切り替えられます。

 おすすめは、あらゆる寝具の通気性を検知してブラシの回転や吸引力を自動で調整してくれる「自動モード」。夜間に運転音を抑えたい時は「サイレントモード」、徹底的にハウスダストを取り除きたい時は「パワフルモード」を使うとよいです。

 DRY AIR BLOWボタンを押すと、約70℃の温風を吹き付けて布団から水分を取り除く「ドライエアブロー」機能のオンオフもできます。湿気がとくに気になる時は、これをオンにすると布団がカラッと仕上がりますよ。

 レイコップは布団に置いたまま、アイロンをかけるように滑らせて使います。2.95キロあるので、正直持ち運ぶ時は「ちょっと重くない?」と感じますが、かける時はこの重さが自然と布団を押さえてくれて、片手でもスムーズに動かせるポイントになるんです。

 コードレスになったことで、持つ手を変えたり奥の方へ動かしたりしやすくなったのもうれしいところ。また、今回はまくらケアに特化したモードを新搭載しているのにも注目です。

1/2ページ

最終更新:6/21(水) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2018年1月号
12月7日発売

特別定価800円(税込)

ふたり一緒にあれもこれも
楽しいデートしよう!

東方神起 スペシャルインタビュー&ポストカード
東京・肉レストランガイド