ここから本文です

SB孫正義氏 悩ましい後継者問題に「人工知能」の出番?

6/22(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「60歳での“引退”を取り消されましたが、今後、ご自分の知識や経験、思考パターン、アニマルスピリットなどをすべて教え込んだ『人工知能』を、将来の後継者に据えようと考える可能性はありますか?」

 6月21日に開催されたソフトバンクグループの株主総会。その場で質問に立った株主は、“荒唐無稽な話ではない”と前置きまでしたうえで、同社の孫正義社長にこう大真面目に尋ねた──。

 直近のソフトバンクといえば、孫氏が「ソフトバンクは携帯電話の会社だと思っている人がまだたくさんいるが、それは一つの道具に過ぎない」と強調するように、未来の情報革命を担うと見越した企業や事業に惜しみなく先行投資している。

 中でも孫氏がもっとも期待を寄せるのが、スマホなどモバイル向けチップで世界99%のシェアを握る英アームの買収である。

 1800億円の売上高だったアーム社を3兆3000億円という破格の金額で買収したことに、ソフトバンクの社外取締役を務める永守重信氏(日本電産の会長兼社長)も疑問を呈したというが、孫氏の最近の口癖にもなっている「シンギュラリティ(技術的特異点/コンピューターチップによって人間の知能を上回る“超知性”が誕生すること)」の覇権を目指すソフトバンクにとっては、「IT業界の隠れた宝」(孫氏)というわけだ。

 また、ロボット開発を手掛ける米ボストン・ダイナミクスを買収したのも、超知性を持ったコンピューターチップをロボットに組み込むことで、あらゆる産業や人間の生活を一変させ、自らの手でIoT(モノのインターネット)社会を牽引したいとの強い思いが表れている。

 そうしたソフトバンクの壮大な経営ビジョンもあり、冒頭、株主総会での“珍問”が飛び出したのである。

 孫氏は苦笑いしながらも、「人工知能の能力は上がっていきますが、人間の集団を率いて、人間に貢献するという意味で、そこは生身の人間に後継者になってもらいたい」と答えた。だが、孫氏の経営ビジョンを誰が引き継ぐか──というソフトバンクの後継者問題は、笑ってばかりもいられない最大の課題となっている。

1/3ページ