ここから本文です

限定商品の泡盛を開封したマストに一同あ然!

6/22(木) 16:56配信

ザテレビジョン

琉球放送(RBC)で毎週金曜深夜0:15~に放送されている「夜ふかしマングローブ」。6/23(金)の放送では、創業130年を迎えた老舗酒造所から工場長とカビ好き女子が登場する。

【写真を見る】泡盛について熱く語る2人

同番組は、金曜の夜にひっそりと沖縄のとある場所で営業している「Barマングローブ」に仕事や趣味で”独自の世界”を持った個性的なお客様が来店し、それに対する熱い思いや裏話を語るトーク番組。今回、Barマングローブに来店したのは、瑞泉酒造から沖縄のCMで“リアル工場長”として知られている仲栄真兼昌工場長と女性杜氏としての長いキャリアも持つ池原呂桜良氏。

瑞泉酒造は、1887年に創業された琉球泡盛の製造販売元で、世界遺産として知られる首里城に隣接。泡盛は、米と黒麹菌を原料にした日本国内最古の蒸留酒といわれ、その歴史は15世紀の琉球王府時代にさかのぼると言われる。2人は、店長の空馬良樹や店員の宝眞榮日也美らと沖縄の大人たちであれば、多くの人が口にする泡盛の話に花が咲く。

池原氏は、女性杜氏として、現場で男性陣に混じって泡盛造りや品質管理、新商品開発に励んでいる。食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させた“黒麹”が大好きと豪語する彼女から“カビトーク”が展開される。そんな中、創業130周年を記念して造られた泡盛「御酒」の話題に。「御酒」は、戦前に採取された瑞泉酒造の黒麹菌が1998年に東京大学の研究室で発見され、その黒麹菌で作られた泡盛。大戦の戦火をまぬがれた唯一無二の黒麹菌を使用した限定商品となっている。そんな貴重な泡盛を常連客のきいやま商店・マストは、簡単に開けてしまい、まさかの開封に一同は言葉を失ってしまう。

開けてしまった泡盛はどうなってしまうのか、番組は6/23(金)深夜0:15~琉球放送(RBC)で放送される。

最終更新:6/22(木) 16:56
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)