ここから本文です

メル・ギブソン 10年ぶりに監督復帰「映画は最高のリハビリ」

6/22(木) 17:00配信

文春オンライン

「監督業に復帰できて幸せだよ。俳優の仕事も楽しいし嫌いではないけれど、僕が心からやりたい仕事といえば映画をつくることなんだ」

 メル・ギブソンが10年ぶりに『ハクソー・リッジ』で映画監督としてカムバックした。スター俳優として活躍する一方、『ブレイブハート』でアカデミー賞作品賞を受賞し、監督としても高い評価を得たが、DV問題や差別発言などのトラブルで第一線から姿を消していた。

「プロデューサーから持ち込まれた企画なんだ。彼らは15年間この物語を映画化しようと四苦八苦していた。脚本を読んで、驚愕したね。こんな英雄がいたなんてね!」

 アカデミー賞6部門にノミネート、2部門で受賞した『ハクソー・リッジ』は、第2次世界大戦中、信仰上の理由から武器をもつことを拒否、衛生兵として沖縄戦など最前線で多くの人命を救ったデズモンド・ドスの実話の映画化だ。

「武器を持たずに戦火に飛び込むなんて、なんてことなんだ!彼の信念は僕の信仰さえも大きく変えてしまったんだ」

 俳優としての次作は、『博士と狂人 世界最高の辞書OEDの誕生秘話』。実在の言語学者を演じるが、「映画にのめり込むことは最高のリハビリになる」という。

INFORMATION映画『ハクソー・リッジ』
6月24日公開
http://hacksawridge.jp/

「週刊文春」編集部

最終更新:6/22(木) 17:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。