ここから本文です

ビジネスの場で「第一印象」を良くする方法6

6/22(木) 7:00配信

コスモポリタン

第一印象の大切さは、誰でも耳にしたことがあるはず。実際、誰かを好ましいとか、信頼できる、つき合いたいと思うのにかかる時間は最初の数秒間だという研究もあるほど。就職のための面接やデート、新しく友達を作る際に、第一印象は重要なポイントだというわけ。

「容姿を理由に解雇」された24歳の美女

そこで、コスモポリタン アメリカ版では、『心を掴む:人とうまくやっていく科学(原題:CAPTIVATE:The science of Succeeding With People)』の著者で人間行動研究所<Science of People>の主任研究員であるヴァネッサ・ヴァン・エドワーズさんに、今日から使える、第一印象を良くする6つの方法を教えてもらいました。

ステップ1:手を使う

「心理学研究者のロバート・ギフォード、ン・チューファン、マーガレット・ウィルキンソンは、面接の時に手のジェスチャーを使う人ほど、雇われやすいことを発見しました。手はあなたの心の内を明かすものです。手が見えると、相手は安心し、親しくなる可能性が高まるのです。これは実行しやすい方法です。面接の部屋に入る時や誰かを待っている時は、ポケットから手を出しておき、立ち上がる際は手を差し伸べて、相手に握手の意志があることを示しましょう。話す時は、強調したい論点を説明するために、手を活き活きと動かすことです。たとえば、友達と飲んでる時みたいにね」

ステップ2:完璧な握手をする

「ここで一番重要なことは、ちょっと気持ち悪く聞こえるかもしれませんが、不可欠なポイントです。ズバリ、手の平を乾かしておくこと! じっとりした手と握手するほどイヤなことはありません。もし、緊張して手の平に汗をかいたら、私のとっておきの裏技を使ってみて下さい。立食パーティーなどのイベント会場に行ったら、ドリンクを注文し、グラスの周りにナプキンを巻いておくのです。そうすれば、握手をする前にナプキンが汗を吸いとってくれるでしょう。また、握手の際は必ず親指を上げ、手の平はそれに対して垂直に。手の平を上に向けるのは従属や弱さを示す仕草で、逆に手の平を下に向け、相手の手の平を見せようとするのは、支配やコントロールを表す仕草なのです」

1/2ページ

最終更新:6/22(木) 7:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。