ここから本文です

梅雨も真夏も! 関西の室内遊び場でおしゃれで良質なおもちゃを満喫

6/22(木) 15:43配信

集英社ハピプラニュース

『おもちゃひろば Toys’ Campus』へ

雨や日差しが気になるこの季節、子どもとのお出かけ先に悩むこともありますよね。まさに「週末、息子をどこかに連れて行ってあげたいけど……」と考えていたところ、兵庫県西宮市に素敵な室内遊び場があるという情報をキャッチ。早速、ママ友さん親子と一緒に行ってみました!

この日、久しぶりに大好きなお友達に会えた息子。ハイテンションでお出かけスタートです(笑)。
向かった先は、『おもちゃひろば Toys’ Campus』。阪急夙川駅から徒歩2分の場所にありました。
マンションのインターホンを押して、部屋の中へ。まるで友達の家に遊びに行く時のようなアットホームな雰囲気に心が和みます。
奥へ進むと、ナチュラルなフローリングの空間に、木のおもちゃ、海外のおもちゃ、初めて見るおもちゃ……大人が見てもおもしろそう&インテリア的にもおしゃれなおもちゃがズラリ!
息子たちは、一瞬にして興味のあるおもちゃのもとへと駆け寄って行きました(笑)。

<気軽にいろいろなおもちゃを楽しめる場所を>

オーナーは、関西を拠点にヨーロッパの木のおもちゃを使って幼児教育の研究や支援をしている「子どもと育ち総合研究所」でおもちゃコーディネーターの認定も受けられた、赤尾さん。
プライベートでは、小学生の男の子のお父さんでもあります。こちらのコンセプトについてうかがうと――。

赤尾さん「自分自身が子どもを育てて行く中で、魅力的なおもちゃにたくさん出会ったんです。でも、高級なものも多いし子どもの成長も速いし、なかなか家庭でそろえるのは難しい。海外で普及している“おもちゃレンタルサービス”のような感覚で、気軽にいろいろなおもちゃを試してもらえる場所があればと思い、2016年の7月にオープンしました」

<ヨーロッパの木のおもちゃとボードゲームが中心>

現在、こちらで遊べるものは、ドイツ、スイス、スウェーデンなどヨーロッパの木のおもちゃとボードゲームが中心だそう。
年齢別のオススメおもちゃや、様々なアイテムを組み合わせた遊び方なども、赤尾さんが親切に教えてくれます。
息子たちは、『BRIO』の木製レールに電車を走らせたり、『クーゲルバーン』の玉の道にビー玉を転がしたり、積み木で作ったタワーの中に入らせてもらったり。家や児童館など、おなじみの場所とは違う遊びに夢中。

親である私にとっても、「こんな風にレールをつなげればいいんだ!」「あんな風に積み木を使うこともできるんだ!」と、普段の遊び方の幅を広げられるような発見の連続でした。

1/2ページ