ここから本文です

定番デニム×スニーカーで旬スタイルに格上げ!

6/22(木) 17:00配信

集英社ハピプラニュース

日常に不可欠なアイテムながら、女っぽいイメージに落とし込むのは難しいと思われがちなスニーカー。今の私たちにマストな女らしさと、きれいめ仕上げのコツをたっぷりお届けします。今回は、そのラクさとおしゃれ感に、誰もが夢中になるデニム合わせ。「カジュアルすぎる」と敬遠されがちな組み合わせも、今回紹介する簡単テクで即、大人に似合うコーデに昇格です!

Amb×ストレートデニム

■シャツのボタンを開けて衿を抜きさりげなく美鎖骨をアピール

やや太めのストレートデニムに、甲をおおうスエードスリッポンをプラス。シャツの衿元からのぞくデコルテが、メンズライクなコーデの女度アップに効果を発揮します。

シャツ¥23000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店 帽子¥13000/ヒューマンウーマン(カポジーロ)時計¥20000/ピークス(ロゼモン) リング¥39000/ジャーナル スタンダード 表参道(アデリン カシュー) スカーフ¥11000(マニプリ)・バッグ¥26000(アロン)/フラッパーズ

Vans×ストレートデニム

■リブニットのタイト感が女性らしさの決め手に

人気復活の定番モデル「オールド スクール」から、上品なベージュをチョイス。ボーイッシュな着こなしに落ち着きがちなところを、女性らしい体の線が引き立つリブニットが救います。

ニット¥19000/クリップ クロップ(オーラリー) 帽子¥4900/ジオン商事(セピカ/ル・ベルニ) ピアス¥22000/ココシュニック バングル¥14000/アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店(メゾン ボアネ) バッグ¥22800/ショールーム セッション(ヤーキ)

撮影/倉本ゴリ(pygmy company)(モデル) 坂田幸一(物)ヘア&メイク/麻生ヨウコ(ilumini.)スタイリスト/大平典子 モデル/五明祐子 取材・原文/葛畑祥子 撮影協力/カフェ ド ナチュール ザ・ローカル

LEEweb