ここから本文です

退団騒動のC・ロナウドが急転残留へ? レアル会長の擁護声明に態度軟化か

6/22(木) 7:30配信

Football ZONE web

スペイン紙報じる 「コンフェデ杯後に会長と1対1で話し合う」

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは18億円の脱税容疑を端緒に、レアル退団を決断したと報じられていたが、フロレンティーノ・ペレス会長がエースを擁護する声明を発表したことで態度を軟化。急転残留に傾いていると、スペイン紙「AS」が報じている。

【動画】受け継がれる天才のDNA…ロナウド愛息が父親さながらの鮮烈FK!

 サッカー界のスーパースターの去就問題は大きな局面を迎えた。ロナウドは18億円の脱税疑惑をスペイン税務当局からかけられた後、退団の決意を固めたと報じられていた。クラブ幹部のサポートが足りないことに不満を持っていたと報じられるなか、ペレス会長は地元ラジオ局「オンダ・セロ」に登場した。

「クリスティアーノはお金で意欲を高める選手ではない。彼は傷ついている。その権利がある。なぜなら彼は誰かを狼狽させようとしたわけではない。彼はビジネスの一部ではない。レアル・マドリードの歴史の一部分なんだ」

 コンフェデレーションズカップ参戦中のロナウドは、このクラブ会長の擁護発言をポルトガル代表のチームメートとともに聞いたという。

 記事では「フロレンティーノの反応を聞いた後、クリスティアーノはマドリードからの移籍を再考している。コンフェデ杯後に選手と会長は1対1で話し合うことになる」と報じている。史上初となる2年連続のUEFAチャンピオンズリーグ制覇を果たしたレアルで、ロナウドは強行移籍路線から急転、来季残留の可能性が一気に高まってきた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/22(木) 7:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ