ここから本文です

スペインの「名スカウト」が、イラク戦の日本代表13選手を個別評価

6/22(木) 8:00配信

webスポルティーバ

「フットボールは利発さが求められるスポーツである。相手よりも迅速に、正しい位置を取れるか。その予測も含め、ポジション的優位がモノを言う」

【写真】スペインの知将が日本代表にダメ出し

 そう語るスペインの指導者、ミケル・エチャリは、際だったスカウティング能力で高く評価されている。レアル・ソシエダで戦略担当スカウトをしていたとき、チームはチャンピオンズリーグに出場。その目利きは「千里眼」とも言われる。

 ハリルJAPANを継続的にスカウティングしてきたエチャリは、6月のイラク戦(と、直前のシリア戦)の選手たちをどう見たのか。ちなみにテストマッチのシリア戦については次のように述べている。

「シリア戦の4-3-3は戦術的な欠陥があった。まず、中盤3人の距離が近すぎた。サイドFWは下がってボールを受けに来ず、サイドバックもフォローが少なかった。結果、システム異常を生じさせていた。今シーズンのバルサも、イニエスタがいないだけで、このシステムの運用に戸惑うことになったが、全体の連係がないと難しい。

 ただ、日本は後半途中から本田(圭佑)がインサイドハーフに入り、状況は好転した。同じく途中出場の乾(貴士)も2度、3度と左サイドを破って、可能性を示している。この2人によって幅も深みも出て、周りにアドバンテージを与えた」

 2試合のシステムを見極めた上で、エチャリが詳細に選手評を語った。

GK
◆川島永嗣
UAE戦、タイ戦は落ち着いたセービングを見せていたのだが......。イラク戦、ミスはたったひとつだったが、重大だった。吉田麻也との呼吸が合わず、一瞬、エリア内のボールを見合ってしまい、相手につつかれ、それを押し込まれた。吉田がクリアする選択肢はあったが、川島も自分の判断でボールをキャッチにいっており、判断ミスと言える。

DF
◆酒井宏樹
3月のUAE戦では深さと、幅を与え、先制点を演出。今回のイラク戦も、右サイドで本田がタメを作り、酒井が縦を走り、小気味よくボールを引き出していた。テンポのあるコンビネーションで、数多くの好機を演出。チーム全体に低調なプレーが多かった中、及第点が与えられる出来だろう。ただし、終盤、負傷により交代した。

◆長友佑都
システム上、高い位置を取る必要性があるが、後ろに引っ張られた。サイドFWとの連係をもっと作り出す必要がある。シリア戦もショートコーナーの反応に遅れており、かつての長友ではなかった。ただ、ここぞというときの技術は高く、イラク戦では後半に攻め上がって、原口元気に戻したマイナスパスでチャンスのお膳立てをした。

◆吉田麻也
川島と同じく、ひとつのミスの代償が大きすぎる。こうした失点のリスクを回避できないと、高く評価するのは難しい。経験豊富な選手で、攻撃のセットプレーでは武器になるが、守備ではターンに問題を抱える。

◆昌子源
森重真人に代わって抜擢されたようだが、シリア戦の失点はイージーなミスだった。クロスに対し、背後を取られて被(かぶ)っている。ただ、シリア戦よりもイラク戦のほうがパフォーマンスは上がっており、改善している点はセンターバックとして魅力だ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか