ここから本文です

「昇格プレーオフの主人公はガク」 準決勝で得点、決勝でアシストの柴崎をスペイン紙絶賛

6/22(木) 8:10配信

Football ZONE web

ヘタフェとのプレーオフ決勝でCKからアシスト、全国紙「マルカ」が活躍ぶりを報じる

 テネリフェのMF柴崎岳は現地時間21日に行われたリーガ・エスパニョーラ1部昇格プレーオフ決勝、ヘタフェとの第1戦に先発出場。先制点をアシストするなど本拠地での1-0勝利に大きく貢献した。勝利をもたらした背番号20には全国紙「マルカ」が「決定的に重要だ」と絶賛されている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 柴崎は準決勝カディス戦の第2戦でチームの決勝進出を決めるゴールをマーク。それと同時に2試合210分間プレーしており、疲労が懸念された。それでも2列目左サイドとして先発すると、前半22分、テネリフェが得た右CKのキッカーを務め、柴崎の右足から放たれたキックはDFホルヘ・サエンスの頭にピタリと合う。このアシストによってテネリフェが1-0と先制に成功した。

 テネリフェはこの先制ゴールで勢いに乗り、ヘタフェにアウェーゴールを与えずに勝利を手にした。この活躍ぶりについて同紙は「プレーオフでの主人公は日本人。ガク・シバサキが決定的に重要だ」とのタイトルでこの日のアシストなどのプレーぶりを報じるとともに、こう記している。

「ガク・シバサキ、レアル・マドリード相手のFIFAクラブワールドカップで母国、そして海外に人々を驚かせ、冬の移籍市場でスペインへと渡った日本人フットボーラーは、1部昇格プレーオフの主人公となっている」

「シバサキは悪夢のような存在」

 記事では加入直後こそテネリフェ島で適応するための厳しい時間がかかった事に触れる一方で、第41節アルコルコン戦で挙げたスペイン初ゴール、そしてカディス戦の得点と昇格を目指す終盤に2ゴールを決めて調子を上げていることに触れた。

 またバルセロナを基幹とする「スポルト」紙でも「シバサキはヘタフェ守備陣にとって悪夢のような存在だった」と、その奮闘ぶりを称えている。

 とはいえ昇格を成し遂げられるか否かが決まるのは、現地時間25日に行われる敵地での第2戦だ。柴崎とテネリフェにとって厳しい戦いは続くが、最終決戦でも結果を残せるかはスペインでも全国的に注目を集めることになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/22(木) 9:47
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新