ここから本文です

「引退しようと考えた」 爆破事件に直面したドルトムントDFが本音を赤裸々告白

6/22(木) 13:40配信

Football ZONE web

ドイツ代表DFギンターは再び事件に直面する可能性に怯え、引退が頭をよぎる

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントのドイツ代表DFマティアス・ギンターは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のモナコ戦前に起きたチームバス爆破事件の被害に遭い、引退が頭をよぎったことを明かした。ドイツ紙「ビルト」が報じている。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 ドルトムントは4月11日、モナコとのCL準決勝第1戦に臨むべく、宿泊先のホテルからスタジアムへ向かって出発した直後、チームバスが爆破の標的となった。スペイン代表DFマルク・バルトラが右腕骨折の重傷を負い、試合が翌日に延期されるという一大事件は、世界中に衝撃を与えた。

 当事者の一人であるギンターは、事件を振り返り、「一瞬、サッカーから引退しようと考えたよ」と本音を口にした。「このような攻撃に身構えることなんてできないからね」と再び恐怖に直面する可能性に怯え、プレーから身を引く考えが浮かんだという。

 ギンターの同僚である香川も、のちにブログで「本当に怖かったし、今も怖いです。本音を言うとバスに乗るのも、試合に行くのも。モナコとアウェイの試合に行くホテルからスタジアムのバスの中も恐怖感がありました」と告白するなど、選手たちの心に大きな傷を残したことは明らかだ。

サッカーへの愛情と情熱がプレーの原動力に

 引退まで考えたというギンターだが、「それでもプレーを続けていきたい」とコメント。サッカーへの愛情と情熱がプレーの原動力となっていると赤裸々に語っている。

 23歳と伸び盛りで、守備的なポジションならどこでもこなせるマルチロールは、2014年ブラジル・ワールドカップの優勝メンバーで、現在はドイツ代表の一員としてコンフェデレーションズカップにも参戦中。来季もさらなる活躍を見せてくれそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/22(木) 13:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ