ここから本文です

ロナウドの移籍騒動に現役プロゴルファーも言及 「何が最良か探るべき」と持論

6/22(木) 18:30配信

Football ZONE web

去就騒動が大きくなるなか、コンフェデ杯出場中のロナウドは無言

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは21日、コンフェデレーションズカップのグループリーグ第2戦・ロシア戦に臨み、決勝ゴールを挙げて1-0の勝利に貢献した。その一方で、レアル退団をほのめかしたとされる騒動は全世界を駆け巡っているが、スペイン紙「マルカ」によると、意外なアスリートが今回の件に言及しているという。

【動画】受け継がれる天才のDNA…ロナウド愛息が父親さながらの鮮烈FK!

 ロナウドはロシア戦の前半8分、左サイドからのクロスに対して得意のヘディングで合わせてゴールネットを揺らした。この1点がモノを言い、昨年の欧州選手権王者が今大会初勝利を手にした。ただ、ロナウドは現状でレアル退団の噂について全く言及しておらず、憶測は広がるばかりだ。

 レアル側からは辣腕で知られるフロレンティーノ・ペレス会長が「彼はレアル・マドリードの選手だ」と話すなど複数の声明が出されているが、他競技からも今回の一件は関心を持たれている。それはゴルフ界で“神の子”と呼ばれ、スペインを代表するプロゴルファーのセルヒオ・ガルシアだ。

 今年のマスターズを制覇し、悲願の四大メジャー大会初優勝を成し遂げたガルシア。現在は欧州ツアーのBMWインターナショナルオープン参加のため、ドイツのミュンヘンを訪れているが、その場で話に挙がったのはロナウドのことだったという。

残留を願いつつ、長期的なスパンの検討も…

「あくまでアマチュアとしての意見だけど、目にしている最高の選手の一人が去ってしまうとなれば悲しいよ。ただ同時に、マドリードはクリスティアーノだけでなく、クラブにとって何が最良なのかを探らなければならない。多額の資金が入ることで、今後10年間クラブでプレーするであろう若手選手との契約につながるかもしれないからね」

 ガルシアはマスターズ優勝後、レアルの本拠地サンチャゴ・ベルナベウに招かれて始球式を務めたほど筋金入りのファンである。それだけにロナウド残留を願いつつも、莫大な移籍金をクラブが手に入れるならば、長期的なスパンで活用できるのではないかとしている。

 サッカー界以外からも大きな注目を浴びているロナウドの去就。本人の口から語られる瞬間が来るまで、騒動は続きそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/22(木) 18:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新