ここから本文です

「肌見せ服を着る日」のベストインナーのルール

6/22(木) 22:00配信

集英社ハピプラニュース

大ヒット中の【肌見せ服】を着るときは、インナーにご注意を!

オフショルダーやデコルテあき、背中あき、肩あき、腕あきetc……この夏トレンドの「肌見せ服」ですが、いざ着るとなるとインナーに着る「下着」に惑いがち。ブラジャーそのものやストラップがうっかり見えてしまうなんて、大人の女性の着こなしマナーとしてあってはならないことですよね。でもご心配なく★ きちんと“見えない”、または“あえて見せるのがおしゃれ”なランジェリー、たくさんあるんです♪ 今回は、そんな【肌見せ服】を着るときのルールをお教えします!

肌見せ服を着るときの6大ルールをお教えします!


◆【鎖骨見せトップスには:ストラップレスブラ】
“ブラひも管理”は大人の女性としてのたしなみ。鎖骨を潔く見せたい日は、安心して着られる肩ひもなしタイプが正解。
◆【背中あき&深めVには:ブラカップキャミソール】
背中や胸もとが大きく開いたトップスには、カッティングや素材、ひものディテールなどにこだわったきれいめブラカップキャミをチョイス。下着感がなくフィットするので、かがんでも見えにくく、逆に背中から見えてもOK。
キャミソール¥5600/フレイ アイディー ルミネ新宿2(フレイ アイディー) トップス¥14000/ロンハーマン
◆【水着で“あえて見せるインナー”】
背中あきワンピースなど、存分に肌見せを堪能するなら、思い切って「水着」という手もアリ! ブラの役目を果たしながら、必要以上に肌を隠さないから、抜け感のある着こなしに。

※写真は【ブラカップキャミソール】です。


撮影/白川青史(人) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/絵美里