ここから本文です

日本郵船(9101)、株主優待の変更を発表!併合(10株⇒1株)と単元株変更に伴うもので、飛鳥クルーズ割引券がもらえる優待内容は変わらず

6/22(木) 19:45配信

ダイヤモンド・ザイ

日本郵船株式会社は、株式併合(10株⇒1株)と単元株数の変更(1000株⇒100株)に伴い、株主優待を一部変更すると2017年6月21日に発表した。 日本郵船の株主優待は、従来、毎年3月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主を対象に実施されており、内容は「1000株以上保有する株主に、保有株数に応じた枚数の『飛鳥クルーズ』10%割引優待券を贈呈」というものだった。

【詳細画像または表】

 今後も優待内容に変更はないが、2017年10月1日を効力発生日とする株式併合(10株⇒1株)と単元株変更(1000株⇒100株)に伴い、配布基準も従来の「1000株以上」「5000株以上」「1万株以上」から、10分の1の「100株以上」「500株以上」「1000株以上」と変更される。配布基準変更による株主優待利回りの変更はない。

 なお、飛鳥は日本郵船の保有するクルーズ客船であり、国内旅行から世界一周旅行まで、さまざまなクルーズツアーが展開されている。

 この株主優待の変更が適用されるのは、2018年3月末日時点の株主名簿に記載または記録されている株主からとなる。

日本郵船の株主優待の詳細とは?

  【変更前】

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  3月末
  1000株以上
  飛鳥クルーズ10%割引優待券3枚
  5000株以上
  飛鳥クルーズ10%割引優待券6枚
  1万株以上
  飛鳥クルーズ10%割引優待券10枚
  詳細
  ※優待割引券1枚につき1クルーズ1名、10%の割引が受けられる。
※優待割引券は株主本人以外も利用可。
※他の割引及び早期申込割引等とは重複して利用できない。
※チャータークルーズには利用できない。
※郵船クルーズ(株)企画のクルーズについては、クルーズ料金からの割引となる。
※各旅行会社主催のパッケージツアーについては、一部割引対象外のものあり。
また、追加料金については対象外。
※オプショナルツアーについては、すべて割引の対象外。

  【変更後】

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  3月末
  100株以上
  飛鳥クルーズ10%割引優待券3枚
  500株以上
  飛鳥クルーズ10%割引優待券6枚
  1000株以上
  飛鳥クルーズ10%割引優待券10枚
  詳細
  ※優待割引券1枚につき1クルーズ1名、10%の割引が受けられる。
※優待割引券は株主本人以外も利用可。
※他の割引及び早期申込割引等とは重複して利用できない。
※チャータークルーズには利用できない。
※郵船クルーズ(株)企画のクルーズについては、クルーズ料金からの割引となる。
※各旅行会社主催のパッケージツアーについては、一部割引対象外のものあり。
また、追加料金については対象外。
※オプショナルツアーについては、すべて割引の対象外。

 日本郵船の株主優待は、豪華客船「飛鳥」でのクルーズが10%割引になるというもの。クルーズの種類によって割引額も異なるため、株主優待利回りの算出は不可能だが、飛鳥クルーズに興味を持っている人なら、かなりお得になる可能性が高いので、保有を検討する価値はあるだろう。なお、今回の変更は株式併合と単元株数の変更に伴うものであり、株主優待利回りに変更はない。

 日本郵船は海・陸・空にまたがるグローバルな総合物流企業。海運で国内首位だが、陸空運も強化を図っている。2017年3月期連結業績(通期)は、すべて前期比で、売上高は15.3%減、経常利益は98.3%減。タンカー市況の不調や、航空運送の運賃下落などが影響し、大幅な減収減益となった。2018年3月期の連結業績予想(通期)では、売上高で前期比4.4%増を見込む。

 ■日本郵船

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 海運業
 9101
 東証1部
 3月末
 株価(終値)
 単元株数
(※2017年6月現在)
 最低投資金額
 配当利回り
 202円
 1000株
 20万2000円
 ―
 【日本郵船の最新の株価チャート・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2017年6月22日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

ザイ・オンライン編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)