ここから本文です

“2人たどれば大統領にたどり着く”小国イスラエル流ミラクルとは?

6/22(木) 16:00配信

HARBOR BUSINESS Online

 イスラエルと言えば、中東のシリコンバレーとしての日本での知名度も徐々に出てきただろうか。今回は、イスラエルのいろんな「狭さ」について皆さんへお伝えしていく。

 まず1つ目は、「国土の狭さ」である。面積は2万平方キロメートル、1.9万平方キロメートルある、四国よりほんの少し大きい程度である。もともと砂漠地域であったために、都市部を出ると辺り一面砂漠が広がっている地域も多く、実際に人が住める地域というのは、国土の半分ぐらいであろうか。

 著者が最初に訪れた2006年当時から鉄道は現在でイスラエルの各地まで伸びているが、基本都市部以外の移動手段は自動車を使う。自動車があれば、最南端のエイラットを除き、テルアビブからは最大でも2時間程度で到達できるほどの「狭い」国である。

 この狭さで、グローバル企業の研究・開発拠点、オープンイノベーション拠点も年々増え現在は、300をゆうに超える。また、スタートアップ大国と言われ、年間、800~1000社程度、企業買収も年間100社程度に越える。

 親戚や友人や知り合いの中には、必ず1人は、グローバル企業に企業を買われたことがある起業家がいるのが普通である。身近に成功したお手本がいる「狭さ」である。この点は、「あいつができたら、俺でもできそう」という起業家マインドの情勢に一役買っている。

 次は、いわゆる「ネットワークの狭さ」である。イスラエルでは、「2人辿れば、大統領にアクセスできる」と言われるほど、この国の人間関係は狭い。「どの町の誰とか」「どの部隊の出身か」分かれば、どういう人かは何となくわかってしまう。余り悪いことはしない方が賢明そうである。

 そして、この「狭さ」は、とにかく、いい事、悪い事、の情報の伝播速度がとにかく速くなる。例えば、イスラエルで気をつけないといけないことは、ミーティングで話すときの一貫性である。同じ業種でアポをいくつか取っていく際などは、特に内容は気を付けた方がいい。「何の目的できたのか」「どういう点を話したのか」が重要なのだ。

◆狭い社会ゆえの情報伝達の早さは時にミラクルを起こす!?

 会社同士が競合であればよいが、弁護士事務所などは横で繋がっていることも多く、NDA(秘密保持契約書)がない段階では、こちら側の話は、ある程度首尾一貫性を保っていないと、先方に伝わってしまうかもしれないので、ある程度の配慮はしたい。

 また、士業などの業界を越えれば、さしてすぐに情報が伝わることはないかもしれないが、日本からの来客というだけで、いろいろなところに伝わる可能性がある。イスラエル人は、安息日があり、週末は一回必ず家族と過ごす人が多く、また、おしゃべりな民族でもあり、必ず電話で誰かで話している点も、情報が速く伝わっていく理由でもある。

 また、「狭い」とこんなミラクルも起こる。私は仕事柄、イスラエルとビジネスをしたい会社の相談事に多く載っているが、A社の海外駐在のビジネスマンE氏は、欧州に駐在3年目を迎え、イスラエル企業との協業を検討していた。その中で、イスラエルのあるテクノロジーのイベントで、ミラクルが起こった。

 E氏は、当然海外に駐在しているので、英語は全く問題ない。イスラエルのテルアビブから少し離れた場所でのイベントで、イスラエル在住の人しか、わからないようなところでのイベント開催だったこともあり、イベントが「ヘブライ語」で始まってしまった。

 E氏は焦った。英語は問題ないが、流石に「ヘブライ語」はほとんど理解できない。

 そうなった瞬間に、以前会ったことのあるイスラエル人に「このイベント、ヘブライ語なのでわからない」とメッセージを打ったところ、このイベントで使われている言語が、1~2分後に、「ヘブライ語」から「英語」へ切り替わったのである。なんと、E氏が連絡を取った彼は、このイベントの主催者か、発表者が偶々知り合いだったかはわからないが、連絡を取ってくれたようである。イスラエルの「狭さ」が理由で起こったミラクルの1つである。

 同じようなことが日本で起こったとしても、日本語で話しているイベントが英語に切り替わることはまずないだろう(笑)

<文・加藤清司>

【加藤 清司】

株式会社イスラテック代表取締役。1980年静岡県浜松市生まれ。2006年、「ある技術」に注目しそのルーツを調べ、イスラエルへと旅立ち2か月過ごす。現在、日本を代表するテクノロジー企業を対象に、イスラエルのスタートアップとのアライアンスを支援。2017年1月、『スタートアップ大国イスラエルの秘密』を出版。

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:6/26(月) 18:10
HARBOR BUSINESS Online

Yahoo!ニュースからのお知らせ