ここから本文です

強烈すぎるトランプ水着「Shocked Trump」で支持率回復は望み薄

6/22(木) 16:30配信

ニューズウィーク日本版

<最新のCNN調査で支持率36%まで落ち込んだドナルド・トランプ米大統領だが、ビーチでの人気は回復するかも?>

カリフォルニア州拠点のアパレルメーカー「Beloved」から、トランプがショックを受けた瞬間の表情が大きくプリントされた水着「Shocked Trump」が発売された。20日頃からソーシャルメディアで写真が出回っていた。

「嫌悪感を与える」

話題性抜群のデザインには、賛否両論が飛び交っている。米誌タイムの政治記者、ライアン・ベックイズは「トランプのファンであっても、この水着を着たい人がいるなんて思えない」と自身のツイッタ―に投稿した。

I can't imagine even fans of Trump would want to wear this swimsuit. pic.twitter.com/PfMpXZ0PY2— Ryan Teague Beckwith (@ryanbeckwith) 2017年6月20日

(米誌タイムの記者、ライアン・ベックイズの投稿)


ニューヨーク・デイリー・ニューズ紙は「トランプの顔面プリントは全ての人に嫌悪感を与える」というタイトルの記事を掲載し、目を見開いたトランプの顔が、2015年の選挙集会で腕に障害のあるニューヨーク・タイムズの記者をあざけ笑ったときの表情に似ていると指摘。不快感を示した。

CNNは「トランプのファンは、ビーチでも支援者というアピールができるようになった」とした。さらに、この水着が手作業で製造されていることを挙げ、「アメリカ製品を買い、アメリカ人を雇う」というトランプの進める「米国第一」主義に沿っているとした。ただ、「厳密に言うと、反トランプで独立したがっているカリフォルニア州のメーカーだけど」という突っ込みも忘れなかった。

カリフォルニア州は民主党支持者が多く、大統領選中からトランプに反対する動きが大きい。特にイスラム教徒が多い国からの入国禁止令については、真っ向から反対。トランプが政権に就くと、米国からの独立「Calexit」を求める声が高まった。

この水着で、トランプの支持率はどう転ぶか。Calexit運動に拍車がかかるかも?

【参考記事】トランプvsアメリカが始まった?──イスラム教徒入国禁止令の合憲性をめぐって
【参考記事】放言止まらないトランプが歩む自滅への道

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-9・26号
9/20発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。