ここから本文です

HSV、ギリシャ代表DFを12億円で獲得決定的! 今冬に加入し15試合に出場

6/22(木) 8:00配信

フットボールチャンネル

 日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)は今季レバークーゼンからレンタル移籍加入していたギリシャ代表DFキリアコス・パパドプーロスを2020年までの完全移籍で獲得が決まったようだ。21日付けの独紙『ビルト』が報じている。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 先日、独紙『キッカー』はHSVのヘリベルト・ブルーフハーゲンCEOはレバークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツディレクター)にパパドプーロスの買い取りについて具体的な提示をしたと報じていた。

 なお、HSVはパパドプーロス獲得に際し移籍金650万ユーロ(約7億8000万円)、ボーナスなどを含めると総額1000万ユーロ(約12億円)を支払う事になるようだ。

 今年1月に加わり15試合に出場し1部残留に大きく貢献した25歳のギリシャ代表DFはHSVのマルクス・ギスドル監督のお気に入りの選手で、パパドプーロス自身もHSVの残留を希望していた。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)