ここから本文です

バイエルン、エースの移籍願望を否定「ほかのクラブが接触したら…」

6/22(木) 7:22配信

フットボールチャンネル

 バイエルン・ミュンヘンが、FWロベルト・レバンドフスキの放出を否定した。クラブを通さない接触は「FIFAの規則に抵触するリスクを伴う」と警告も発している。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 バイエルンのエースであるレバンドフスキは以前、得点王を逃したことへの不満を口にしていた。さらに最近では同選手の代理人が同様の発言をしており、今夏の移籍が話題になっている。

 イングランドではマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが早速獲得に動き出し、レバンドフスキの代理人と接触したことが報じられた。

 だが、バイエルンはエースを手放すつもりがなく、次のような声明を出している。

「レバンドフスキはバイエルンを去る意思を持っていない。ほかのクラブとの会談は一切ない」

「レバンドフスキは2021年までの契約がある。その契約にサインしたばかりで、もし他クラブが長期契約のある選手と交渉すれば、FIFAの規則に抵触するリスクを伴う」

 バイエルンの声明は、レバンドフスキの意思か、それとも獲得を狙うクラブに対するけん制か。選手本人の発言が気になるところだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)