ここから本文です

仙台、渡邉晋監督が謝罪。天皇杯で筑波大に“ジャイキリ”許し2年連続2回戦敗退

6/22(木) 15:10配信

フットボールチャンネル

 J1・ベガルタ仙台の渡邉晋監督が、クラブのインスタグラムを通じて天皇杯2回戦敗退を謝罪した。

 21日、仙台はホームで筑波大学と対戦。開始6分で先制点を奪われると、一時は逆転に成功するが、その後さらに2失点。最終的に2-3で敗れ、大学チーム相手に“ジャイアントキリング”を許した。

 仙台は昨年も2回戦でグルージャ盛岡(J3)に2-5で大敗しており、同ラウンドでの敗退は2年連続となる。

 これを受け、クラブはインスタグラムで異例とも言える渡邉監督の謝罪動画を公開。「水曜日、筑波大学とのゲームで痛い、悔しい敗戦を喫してしまいました。天皇杯2回戦での敗戦は2年連続ということもあり、サポーターの皆様を失望させてしまいました。大変申し訳ございませんでした」と述べ、頭を下げた。

 リーグ戦では序盤に3連敗する時期もあったが、直近4試合では2勝2分と調子を取り戻している仙台。25日にはホームでセレッソ大阪戦を控えており、「仙台らしさを取り戻し、勇気を持って果敢に戦うことをお約束します。今一度、我々に大きな大きなパワーを送ってください」と、サポーターに後押しを求めた。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)