ここから本文です

最後の鉄火場「東京競馬場101投票所」を知っていますか?

6/22(木) 16:00配信

週刊SPA!

 競馬の日本ダービーが開催されることでも知られる東京競馬場は、競馬をあまりやらない方でも一度は行ったことがあるという方も多いはずだ。いわば日本で最大のギャンブル場であり、競馬ファンの聖地でもある。そんな府中競馬場に競馬好きであってもあまり馴染みのない場所がある。東京競馬場101投票所……もし、この場所を知っているなら、あなたはかなりの競馬通か、あきらめの悪いギャンブラーである。

⇒【写真】101投票所の様子

 では、その101投票所とは一体何か? その実態は、東京競馬場開場日のみオープンになる岩手競馬(盛岡・水沢)専用場外馬券売り場である。中央競馬、すなわちJRAの聖地なのに地方競馬の場外売り場!? そこは中央競馬の華やかさとは一線を画す別世界なのである。

 101投票所の場所はフジビュースタンドの1階。スタンドから見たら地下のような場所にある。この101投票所の最大の特徴は東京競馬場、すなわちJRAの競馬場の中にあるにもかかわらず、JRAの馬券は販売していないことだ。そのため、ここに朝からやってくる客は生粋の岩手競馬ファン。目の前で競馬をやっているのに、こちらに夢中になる時点でその度合いも「マジ」なのだ。

 フロアでは岩手の全専門紙が販売されており、岩手競馬を楽しむうえでの環境も整っており、万全の体制で岩手競馬を楽しむことができる。中央競馬のレースが見られるモニタもあるため、前売りでJRAの馬券を買っておいてこちらに来る猛者もおり、骨の髄から競馬狂な人々がここには集まってくるわけだ。

 だが、そんな「猛者の部屋」も、東京競馬の最終レースが終わると様子が一変する。岩手競馬のメインレースが17時台に行われるため、JRAで最終レースまで勝てなかった一部の「あきらめの悪いギャンブラー」たちが、最終レースが終わるとぞろぞろやってきて、最後の希望に賭ける場と化すのだ。その様子はまさに鉄火場。9回裏2アウト満塁で打席に立った気で101投票所にやってくるのである。

 東京競馬場の最終レースが終わると、それまで数十人程度だった101投票所が何百人もの人でぎゅうぎゅうになる。そして皆、入り口に置かれた岩手競馬のメインレースと最終レースの専門紙馬柱をコピーしたもの片手に予想をしようにも見慣れぬ馬に知らない騎手、コースも何もわからぬまま、17時過ぎに迫る最後のひと勝負への時を待つ……。

 そんな101投票所に、私はこともあろうかダービー開催日に行ったことがある。朝の第一レースからファンファーレの時点で大歓声であった東京競馬場スタンドでの様子と違い、投票所内は歓声ひとつ上がらず、一部のコアなファンがモニタに向かって必至に「差せ!」「粘れ!」と叫ぶ本能むき出しの姿が見られた。

 ここ数年、ギャンブル場はどこもかしこも小綺麗になってしまった。だからこそ101投票所にいってみてほしい。そこにはどこか懐かしい鉄火場の熱さが残っているからだ。

取材・文/佐藤永記

日刊SPA!

最終更新:6/22(木) 16:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月29日号
08月22日発売

¥400

・[5年以内に破滅する人]のシナリオ
・食通が断言!チェーン飯の絶品ランク
・死に至る[ヤバい睡眠]白書
・加計学園「黒幕と補助金水増し」