ここから本文です

アイルランドの平原に忽然と現れる 廃墟群の景観は現代人を魅了する

6/22(木) 12:01配信

CREA WEB

Magnificent View #1302キャシェルの岩(アイルランド)

 アイルランド南東部、キャシェルという小さな街の平原に忽然と現われる、大聖堂や礼拝堂、円塔や墓地。まるで映画の屋外セットのようにも見えるここは、廃墟と化した教会群の跡だ。

 一帯には、5世紀頃からマンスター地方の歴代の王が居住していた。その後、キリスト教関連の建物が次々と建てられ、アイルランドにおけるカトリックの中心地にまでなったという。

 現在見られるのは、12世紀から13世紀にかけて造られた建造物。ご覧の建物は、その中心に立つ「ラウンドタワー」と呼ばれる教会だ。

 残された門や壁に施された見事な彫刻は、ここが繁栄した証。建物は朽ち果てているのだが、それがまた哀愁を感じさせる。

 ここはアイルランドでも有名な観光地。寒々とした風景ながら、メランコリックな雰囲気もまた、訪れる人を魅了しているようだ。

芹澤和美

最終更新:6/22(木) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年10月号
9月7日発売

定価780円(税込)

触れて、感じて、ほっとする
リラックスするための美容。

「おこもり宿」でリラックス
BTS(防弾少年団) スペシャル インタビュー

ほか