ここから本文です

ビック開店で4K REGZAが激安、東芝基板の液晶テレビも

6/22(木) 21:13配信

日経トレンディネット

【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

【関連画像】撮影協力/ビックカメラAKIBA

 6月22日(木)、ソフマップ秋葉原本館の跡地にビックカメラAKIBAがオープンしたことを受け、グランドオープンセールにお買い得品が目立った。

 チラシセールの目玉商品は、日替わりの先着販売と抽選販売の2本立て。特に目を引いたのは、6月23日(金)に限定30台を先着販売する東芝の4K液晶テレビ「REGZA 43Z700X」。1つ前の旧モデルだが、地デジの全番組を録画できるタイムシフトマシン機能など、フラッグシップモデル並みの充実したスペックを持つ。価格は9万9800円(税別、新品)と激安だ。

 抽選販売では、6月24日(土)に販売するエイスーステック・コンピューターの「ZenFone Zoom ZX551MLBK32S4PL」(税別1万4800円、新品)など、SIMフリースマホの人気モデルが全般的に安い。

 担当者は「ビックカメラAKIBAの出店を追い風に、ビックカメラグループ全体で秋葉原地区を盛り上げていきたい」と語る。アキバのソフマップ各店でも、PCパーツやゲームを中心に特価品を用意しており、こちらにも注目したい。

 薄型テレビにも魅力的なお買い得品が見つかった。マーシャルプレミアムアウトレット リアル1号店では、自社ブランドの43型フルHD液晶テレビ「アイリー MAL-FWTV43」を4万1800円(未使用品)で販売。注目したいのが、東芝製のメイン基板を採用している点。液晶パネルは直下型LEDバックライトを搭載しており、画質や録画機能はREGZAシリーズに匹敵する。購入特典として、録画用の250GBハードディスクも付属しており、購入したらすぐに録画が楽しめる。4万円台前半の価格でこれだけの内容なら間違いなくお買い得だ。

 中古品ではレア物の入荷が目立った。じゃんぱら 秋葉原5号店では、ソニーモバイルコミュニケーションズのAndroidスマホ「Xperia PLAY SO-01D」が9800円(中古品)で複数入荷していた。液晶パネルをスライドさせることで携帯型ゲーム機のようなスタイルに変型し、初代プレイステーションの人気ゲームが遊べる。中古扱いだが、スマホ本体は未使用同然のきれいな状態とのこと。これだけきれいな中古品が出るのは珍しく、コレクターは注目だ。

 PCNETアキバでは、ソニーモバイルコミュニケーションズのAndroidタブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」が1万999円(中古品)と安かった。10.1型のフルHD液晶をガラスの一枚板のような美しいボディーに搭載した人気シリーズの初代モデル。NTTドコモのSIMカードに対応しており、格安SIMで使える。

(文・写真/白石 ひろあき)