ここから本文です

日本ハム・淺間大基が誕生日に欲しいものとは……

6/23(金) 11:15配信

週刊ベースボールONLINE

 高いポテンシャルで高卒1年目から鮮烈デビューを飾り、次世代のスター候補生としても期待が懸かる日本ハム・淺間大基。それこそシーズンの開幕前は毎年のようにレギュラー候補に名前が挙がるが、ケガでシーズンを通しての活躍ができないもどかしい日々を送っている。

 プロ3年目を迎えて「レギュラーを獲る」と宣言して始まった今シーズンも、キャンプで急性腰痛を発症して出遅れ……。思うようにバットすら振れない苦しい時期を過ごした。それでも野球への情熱は尽きることはなく、懸命のリハビリで予定より前倒しで戦列に復帰。現在は外野転向で覚醒した西川遥輝、昨年ブレークした岡大海、新加入した大田泰示、新進気鋭の松本剛らと激しいポジション争いを繰り広げている。

 そんな淺間の素顔はとにかく、真っすぐでアツイ男。感情むき出しの全力プレーがモットーであり、自身も「もしプロ野球選手になってなかったら、中学校の熱血漢の体育教師になりたかったです」と過去のインタビューでも語っており、知れば知るほどその熱さと人間性に魅せられていく選手である。

 6月21日には21回目の誕生日を迎えた淺間。プレゼントは何が欲しいと報道陣から聞かれると「野球がうまくなる力です!」と真顔で答え、笑いをさそった。どこまでも野球にひたむきで、どこまでも野球に一途な21歳──。交流戦が終わってパ・リーグ同士の戦いが再開するが、この男の熱量がチームに活力を与え、逆襲のキーマンの1人になってくれそうな期待感はある。
文=松井進作 写真=矢野寿明

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)