ここから本文です

「3年目の浮気」は脳のメカニズムとして埋め込まれていた

6/23(金) 7:00配信

NEWS ポストセブン

《3年目の浮気》――交際開始から7年経った2014年9月18日に入籍した仲間由紀恵(37才)と田中哲司(51才)。このたび、妊活中の仲間の留守を狙って、田中が46才の超有名ヘアスタイリストと不倫をしていたことがフライデーされた。田中はすべてを認め、こんな謝罪文を発表した。

《この度の報道に関して、私の軽率な行動でお騒がせしまして、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしましたこと誠に申し訳ございません。家族には大変辛い思いをさせてしまい、今後このような思いをさせないと心から謝罪いたしました。皆さまの信頼を回復するべく芝居に精進して参りますと共に心からお詫び申し上げます》

 今のところ、夫妻に離婚話は持ち上がっていないというが、結婚3~4年は、すべての夫婦にとって“鬼門”ともいえる。

 例えば安達祐実(35才)とスピードワゴンの井戸田潤(44才)。交際5か月、2005年9月に結婚し、ツーショット会見を行った。しかし2006年4月に長女が誕生した直後、井戸田と元カノの浮気報道があり、結局2009年1月に離婚届を提出。夫婦生活は3年4か月だった。

 紗栄子(30才)と米・レンジャーズのダルビッシュ有投手(30才)の結婚生活は4年2か月だったが、離婚協議を始めたのはちょうど、結婚3年目。他にも内田有紀(41才)と吉岡秀隆(46才)が3年、スザンヌ(30才)と斉藤和巳氏(39才)が3年3か月、宇多田ヒカル(34才)と紀里谷和明氏(49才)が4年半…離婚までの平均期間は3~4年、という統計通りの結果となっている。

◆一度愛し合った仲が3年で終わるのは脳のせい

 誰かを好きになった瞬間、脳には大きな変化が起きる。とくに重要なのはPES(フェニルエチルアミン)という脳内ホルモン。これは、人を好きになったときに濃度が上がるので、恋愛ホルモンともいわれている。

 神経内科を専門とする医師で、著書に『脳が若返る30の方法』(中経出版)などがある米山公啓さんが説明する。

1/2ページ